« 松智洋「迷い猫オーバーラン!」 | トップページ | チャレンジ10メートル4回目 »

そうだ 京都、行こう。

有給消化で休みをとったはいいものの何もする当てがない。永源寺の紅葉が見頃とかいっていたなあと思いついて地図を見たら、琵琶湖大橋を渡れば大原までそんなにかかんないじゃん、って気が付いた。三千院か、いいね。平日に行ける機会もなかなかないだろうし。よし行ってみよう、ということになった。今日の天気は、と見ると滋賀の降水確率が60パーセントとなっていて、DJEBELではちょっと不安である。こういうときくらいはRX-8に乗っていこう。
三千院栗東ICまではあっという間だったが、栗東から琵琶湖大橋を渡って京都府内にはいるまでの交通量が多くて、やけに時間がかかった。それでもなんとか11時前には大原に着く。すでに雨が降り始めていて、傘を差しての参詣となった。平日だというのに人出が多い。さすが観光都市京都である。大原は田舎だけど。
ゆるやかな登りになっている参道を歩く。このあたりはあまり紅葉って感じではないが、三千院近くになると赤や黄色に色づいた木々が急に多くなってくる。拝観入り口から宸殿へと進み、そこから外を見ると苔の庭と紅葉、そして極楽往生院がなんともいえない調和を醸し出している。ああ、これはたしかにいいわ。
その後ひととおり境内を見終わってもう紅葉は満喫した~、って感じになっていたのだが、境内を出る頃に雨が止んだのがなんとなく悔しいので、寂光院も見てきた。こちらはこぢまりとしたお寺で、建礼門院ゆかりの地とか聞いてピンとこなければ、とりたてて行くようなところでもないなあと思った。
永源寺大原からは来た道を戻って琵琶湖大橋を渡り、そこから永源寺に向かう。行きと同様帰りも時間がかかり、永源寺に着いたのは4時過ぎ。この時期にこの時間、しかも雲が多い天気となると、すっかり薄暗くなってしまっている。しかし、そんな悪条件にもかかわらず、永源寺の紅葉は十分に美しかった。正直、ここの紅葉がここまできれいだとは思っていなかった。これで晴れた朝とか、夕日が差しているときとかに来たら、すごく豪勢な色合いになるんじゃないだろうか。来年を待たず、今年中にでももう一度行ってみたいくらいであった。

|

« 松智洋「迷い猫オーバーラン!」 | トップページ | チャレンジ10メートル4回目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだ 京都、行こう。:

« 松智洋「迷い猫オーバーラン!」 | トップページ | チャレンジ10メートル4回目 »