« 大山に行ってきます | トップページ | また投入堂に行ってきた »

大山とそのまわりの話

鍵掛峠からの大山11月1日(土)、午後2時前に蒜山ICを降り、大山蒜山道路へ。鬼女台、鍵掛峠からの大山の眺めと周りの山々の紅葉を楽しむ。枯れてしまったもの、赤く紅葉しているもの、黄色く紅葉しているもの、青々としたままのものが混じった山模様である。北海道や北アルプスの紅葉が華麗とか鮮烈とかいう言葉が似合うのに比べると、大山のは重厚といったところか。いく色もの繊維を織り込んだような厚みを感じさせる。
11月2日(日)、大山登山。天候はあいにくの曇天。登山道付近から山頂方向を見ても、分厚く雲が立ち込めているだけである。そのうち晴れることもあるだろうと、登り始めるが、どこまでいっても晴れそうにない。六合目を越えるころにはすっかりガスの中。そこからさらに上がって稜線に出ると吹き付ける風が冷たいこと。防寒着を着てもまだ寒い。ガスの中で景色もまったく見えないし、山頂の標識の前で写真だけ撮ってとっとと退散。五合目より下の紅葉が素晴らしかったことだけが心の慰めとなった。
山から下りたあとは倉吉に行って、白壁と赤瓦の町並みを観光。コンパクトにまとまった観光地で、ちょっと立ち寄るにはなかなかいいんではないかな。この日は倉吉のビジネスホテル泊まり。近くの焼き鳥屋さんで一杯やって、いい気分。そのままこれを書いている。
参考までに大山でのコースタイム。休憩時間は除く。
大山情報館駐車場-(10分)-夏山登山口-(60分)-五合目-(70分)-弥山山頂-(80分)-行者谷別れ-(60分)-大神山神社奥宮-(60分)-金門-(10分)-大山寺-(10分)-大山情報館駐車場
登山者が非常に多く、五合目から上は渋滞も多かった。

|

« 大山に行ってきます | トップページ | また投入堂に行ってきた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山とそのまわりの話:

« 大山に行ってきます | トップページ | また投入堂に行ってきた »