« 築地俊彦「けんぷファー 3」 | トップページ | カルドセプトDS »

2008.10.25 戸倉山

戸倉山ってのはいくつかあるらしいが、今回行ったのは伊那富士の別名を持つところ。もっとも、天気が悪かったので、本当に富士山っぽい姿をしていたかどうかはわからない。今回は老親連れののんびりした山行である。
戸倉山登山道10時25分、戸倉山キャンプ場から登り始める。キャンプ場右手の林道っぽい道を登っていくと、右側に戸倉山登山道への標識がある。このあたりは植林が多いが、少し高度を上げるとすぐに自然林になる。カラマツが多い雑木林だ。紅葉はほとんど黄色。艶やかさはないが、緑と黄色と落葉した茶色が入り交じった登山道はなかなかいい雰囲気だ。ほんど林の中で視界は効かないが、木々の間からちらちらと中央アルプスの山々を望むことが出来る。六合目を過ぎて少し登るとベンチがあり、ここは木が切り開かれていて、正面に空木岳を眺められる。少し角度を変えれば、右手の方に木曽駒ヶ岳も見られる。ベンチを過ぎるとまた、林の中で視界は効かない。しばらくすると東屋とちょっとした広場があり、ここでも中央アルプス方面の視界が開かれている。ここは金明水という水場がある。この先はやや傾斜が急になる。林の密度が低くなっていて、左手に中央アルプスを見ながら登ることになる。木曽駒ヶ岳12時25分、戸倉山東峰着。中央アルプスだけでなく、乗鞍岳や穂高、槍ヶ岳までが見渡せる。逆側を見れば南アルプスの山々も見える。天気はよくないが、眺めはいい。こういうことってたまにあるんだよね。
南アルプスしばらく眺めを楽しんだ後、戸倉山西峰へ。12時35分着。いったん下って登り切ると目の前に仙丈ヶ岳がとどーんと聳える。左に甲斐駒ヶ岳、右に北岳を従えた堂々たる山容である。ここで、南アルプスを眺めながら昼食。少し風があって、寒い。
13時10分、下山開始。写真を撮りながら来た道を戻る。14時50分、戸倉山キャンプ場着。
参考までにコースタイム。休憩時間は除く。
戸倉山キャンプ場-(75分)-六合目ベンチ-(10分)-金明水-(20分)-戸倉山東峰-(5分)-戸倉山西峰-(5分)-戸倉山東峰-(20分)-金明水-(65分)-戸倉山キャンプ場

|

« 築地俊彦「けんぷファー 3」 | トップページ | カルドセプトDS »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008.10.25 戸倉山:

« 築地俊彦「けんぷファー 3」 | トップページ | カルドセプトDS »