« 早川尾根を歩きに行く | トップページ | 樺薫「藤井寺さんと平野くん 熱海のこと」 »

2008.10.11-13 早川尾根+地蔵岳と観音岳

10月11日(土)は思っていたよりも天気の回復が遅れているようで、仙流荘ではいったん雨は上がったものの、バスで走り出したらすぐに雨。そのまま北沢峠まで止むことはなかった。早川尾根を歩く予定だったが、中止。慣れない尾根道、しかもあまりひとが歩いてなさそうなところを雨とガスの中を歩く気にはなれない。そのままバスに乗って広河原まで行く。もくろみどおり雨は上がっている。これなら合羽を着ずに済ませられそうだ。
広河原から少し戻って、広河原峠への入り口に取り付く。10時45分。ところどころ、道がわかりにくくなっていたりしたものの、なんとか迷わずに登っていく。登り自体は峠への直登といった感じでなかなかきつい。人気がないのか、まったくひとに会わない。熊でも出そうな感じである。歩いている間は熊鈴が付いているのでまだ気持ちは楽だが、休憩していると何も鳴らないのでびくびくしてしまう。そこで、W62CAの出番である。LISMOでダメ歌を流して気を紛らわせる。
12時55分。広河原峠着。意外と早く着いて拍子抜け。先に来ていたふたり連れも同じようなことをいっていたから、コースタイムが長めに書いてあるのだろう。峠からは八ヶ岳と茅野市街?が見える。そのせいか、ここでは携帯がつながる。
なんか早く着き過ぎちゃうなあ。でも、ほかにやることもないしなあ。で、早川尾根小屋へ向かう。広河原峠からはしばらく急な登りが小さなピークまで続く。ここからは北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳を見ることができる。このピークを過ぎてしまえば、紅葉の中の散歩道とでもいうようななだらかな登山道である。13時35分、早川尾根小屋に着く。ここで、翌日の予約を入れようとしたら、予約をしてくださいと怒られた。理不尽である。
北岳10月12日(日)。寒くて眠れなかったのだが、気が付いたら朝になっていた。5時40分、出発。この日の行程は地蔵岳までのピストンである。広河原峠まで行く途中に樹間から日の出を見る。北岳が朝日を照り返している。広河原峠から先はいきなりの急登である。7時05分、赤薙沢の頭。ここまで来る間にも、北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳と眺めてきたのだが、ピークからの眺めはまた格別なものがある。ここから白鳳峠までガンガン下って、またガンガン登ると高峰である。8時30分着。ちょっとした岩登りをさせられるので、そういうのが苦手なKONKONはひびりまくりである。しかし、それだけの苦労するだけのことはあった。観音岳の右肩に富士山が見えるのだ。しかも、意外なほど大きく見える。反対側を見ると甲斐駒ヶ岳の右肩に北アルプスの山々が見える。
地蔵岳また細い尾根道を下って、登り返すといつの間にか花崗岩の山になり、ところどころで地蔵岳の特徴的な岩峰を眺めることができるようになる。いったん赤抜沢の頭に登って、すぐに下ると地蔵岳直下の広場に出る。9時30分。何体もの地蔵が並んでいて、地蔵岳が地蔵の王のように見える。ここで、岩場が苦手なくせに地蔵岳に登りに行って、案の定、途中でびびって帰ってきてしまう。時間も早いし、なんか悔しいので観音岳まで足を伸ばすことにする。
薬師岳と富士またまた、登ったり下ったり。いったい今日はいくつのピークを過ぎてきたのだろう。これをまた帰りもやらなきゃいけないと思うと、正直萎える。何度か引き返そうかと思ったが、11時00分、なんとか観音岳にたどり着く。薬師岳の上に富士山、地蔵岳の上に北アルプスという構図はここに来て初めて拝むことが出来たと思えば、来た甲斐があったかな。
帰りは地蔵岳に寄らないだけで、あとは来た道をそのまま帰る。アップダウンの繰り返しで、やっぱりめげた。15時35分、早川尾根小屋着。
10月13日(月)。いよいよ、今回のメインイベント、早川尾根である。もっとも、どこを起点に早川尾根と呼ぶのかは知らない。高峰あたりからは早川尾根というような気がする。ともあれ、早川尾根の最高峰はアサヨ峰だから、メインイベントというのもそんなに間違いではないだろう。5時30分。昨日の疲れが残っているのか、若干足取りが重い。こういうときはペースを落として、調子が出てくるのを待つのが得策である。今日の行程もアップダウンが続くが機能に比べればたいしたことはない。小屋を出ですぐの早川尾根の頭を抜け、名もないピークを越え、ミヨシのの頭に到着。7時00分。アサヨ峰が近くに見える。
早川尾根アサヨ峰までは苦手な岩場。岩場でのKONKONの行動はというと、びびってペースを上げすぎて、ひと休み。また登り始めてはひと休み。の、繰り返しである。結果としてゆっくり登るよりも時間がかかってしまう。このびびり癖だけは何とかしないとなあと思いつつも、こればかりはちっとも治らない。それうこうするうちになんとかアサヨ峰に着いたのが、7時50分。ここからの眺めは早川尾根随一。富士山から南アルプス、中央アルプス、御嶽、乗鞍、南アルプス、八ヶ岳と、まさに360度の大展望ってヤツだ。立ち去るのが惜しいと思いつつ、渋々下り始める。
甲斐駒ヶ岳下って登ったら、早川尾根最後のピーク、栗沢山である。ここも岩が多いが、少なくとも南側の登りはたいしたことはない。9時00分、栗沢山着。ここからの眺めも素晴らしい。アサヨ峰がある分、南方向の眺めは遮られるが、その代わり甲斐駒ヶ岳が目前に迫る。北沢峠からなら、4時間くらいで往復できるので、日帰り登山にはもってこいかもしれない。
栗沢山からは駒仙小屋に直接下りるつもりだったのが、どういうわけか仙水峠に来てしまった。予定外で、時間も少々ロスしたが、そんなことも気にならないくらい、紅葉と甲斐駒ヶ岳の白い山肌のコントラストが素晴らしい。しばし眺めを楽しんだ後、北沢峠に向かったが、その途中の紅葉も見応えのあるものだった。
10時55分、北沢峠着。
参考までにコースタイム。休憩時間とへたって戻った時間は除く。
1日目。広河原-(25分)-広河原峠入り口-(110分)-広河原峠-(35分)-早川尾根小屋
2日目。早川尾根小屋-(30分)-広河原峠-(45分)-赤薙沢の頭-(10分)-白鳳峠-(60分)-高峰-(50分)-地蔵岳直下-(55分)-観音岳-(50分)-赤抜沢の頭-(45分)-高峰-(50分)-白鳳峠-(20分)-赤薙沢の頭-(35分)-広河原峠-(30分)-早川尾根小屋
3日目。早川尾根小屋-(90分)-ミヨシの頭-(35分)-アサヨ峰-(60分)-栗沢山-(45分)-仙水峠-(50分)-北沢峠

|

« 早川尾根を歩きに行く | トップページ | 樺薫「藤井寺さんと平野くん 熱海のこと」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008.10.11-13 早川尾根+地蔵岳と観音岳:

« 早川尾根を歩きに行く | トップページ | 樺薫「藤井寺さんと平野くん 熱海のこと」 »