« 8月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 2008.10.4 白駒池とにゅう »

西野かつみ「かのこん11 ~アイはぼくらをすくう!~」

終わりに向かって盛り上がっていかないといけないはずなのに、あんまりそんな気がしないなあ。一応いつもよりはずいぶんシリアスにはなってるんだけど、それが緊迫感につながってないって感じ。だいたい、このシリーズってシリアスにしてどうこうなるようなもんじゃないよなあ。たとえば、この物語で最大の謎だったちずるの正体とか、葛の葉や御方さまの目的なんて、そんなに気にしながら読んでいる読者ってあんまりいないんじゃないのかなあという気がするのだ。そういうのは物語っぽさを出すための構造材に過ぎなくって、あくまでもメインテーマは耕太の爛れた日常なんだよなー。

|

« 8月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 2008.10.4 白駒池とにゅう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西野かつみ「かのこん11 ~アイはぼくらをすくう!~」:

« 8月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 2008.10.4 白駒池とにゅう »