« 予定を立てて休日を過ごそう | トップページ | 新井輝「ROOM NO.1301 #10 管理人はシステマティック?」 »

2008.9.28 水後山~鎌ヶ峰~大日ヶ岳

大日ヶ岳には登ってみたいと思いつつなんとなく見送ってきたが、地図を見ていたら水後山からの稜線歩きがなかなか楽しそうなのではないかと気が付いて、行ってみることにした。大日ヶ岳というとダイナランドあるいは蛭ヶ野からの登山道ばかりガイドブックに載っているので、これまで気が付かなかったのだ。
登山口は桧峠にある。ウイングヒルズ白鳥の付帯施設である「満天の湯」へとはいる交差点がそれである。10時過ぎに着いたというのにクルマが1台もないため、見過ごしてしまったのだが、交差点の北西側が登山口があり10台くらい停められそうな駐車場になっている。ウイングヒルズ白鳥のゴンドラを使って頂上駅から登ることも出来るので、桧峠から登るひとは少ないのかもしれない。
10時15分、登り始める。天気は曇り。この先、夜には崩れるという予報が出ているので、降る前にはなんとか帰り着きたいものだ。
しばらく、檜だか杉だかの植林の中をあるき、ゲレンデの東側の斜面に出る。ゴンドラが運行しているのが見えるが、たまにしか客は乗っていない。このゴンドラの山頂駅まで続く斜面は単調で斜度もあるので、なかなかきつい。振り返るたびに高度を稼いでいることを実感できることだけがせめてもの慰めである。
11時15分、ゴンドラ山頂駅着。駅をゲレンデとは逆側に下りたところに登山口がある。取り付きは木の階段が作ってありこれもわりと急で堪えるが、すぐに緩やかになる。このあたりはブナの林で、登り口付近の植林とくらべると明るくて気分がいい。
12時00分、水後山山頂着。林が途切れ、東側には御嶽や乗鞍が雲から頭を出しているのが見える。天気が悪いわりには遠景には恵まれそうだ。
水後山からはずっと尾根道。まずは一旦下って、鎌ヶ峰への登りに入る。この登りもなかなか急。というか、この登山道はひたすら尾根をつなげているだけで、巻き道とかつづら折りとかいう概念がないようだ。
鎌ヶ峰から白山12時40分鎌ヶ峰山頂着。急登を登り切って目を上げた瞬間に白山が目に飛び込んでくる。銚子ヶ峰、一の峰、二の峰、三の峰、別山と続く美濃禅定道の山並も一望できる。こういうの見るから、また歩きたくなっちゃうんだよ、まったく。どうしてくれよう。
鎌ヶ峰からはずいぶんと下ってから、大日ヶ岳への登りにとりかかる。下りも急でところどころぬかるんでいるので、足を滑らせないように注意して歩く。なにしろ、両脇がすとんと落ち込んでいる細い尾根道なのだ。パッと見、草木が生えているので安心しがちだが、万一転げ落ちたら無事には済まないことは間違いない。大日ヶ岳への登りはまだ安心できるが、急で登りづらく、やはり気を使う。体力的にはゲレンデ脇の登りのほうがきつかったが、こちらは精神的にきつい。
大日ヶ岳から北アルプス13時15分、大日ヶ岳山頂着。これまで目にしてきた、御嶽、乗鞍、白山に加え、北アルプスの山々まで望むことが出来る。槍ヶ岳と穂高は判別が着くが、あとはよくわからない。とりあえず写真にとって、家に帰ったら同定しよう。
帰りは来た道をそのまま戻る。下りとはいえアップダウンが大きいので、あまり楽はさせてもらえないし、滑落しないように気を付けなければならない。水後山までくるとほっとできる。
15時50分、桧峠登山口着。満天の湯の露天風呂につかっていたら、雨が降り始めた。
参考までにコースタイム。休憩時間は除く。
桧峠登山口-(60分)-ゴンドラ山頂駅-(35分)-水後山-(30分)-鎌ヶ峰-(35分)-大日ヶ岳-(35分)-鎌ヶ峰-(20分)-水後山-(25分)-ゴンドラ山頂駅-(40分)-桧峠登山口

|

« 予定を立てて休日を過ごそう | トップページ | 新井輝「ROOM NO.1301 #10 管理人はシステマティック?」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008.9.28 水後山~鎌ヶ峰~大日ヶ岳:

« 予定を立てて休日を過ごそう | トップページ | 新井輝「ROOM NO.1301 #10 管理人はシステマティック?」 »