« チャレンジ10メートル2回目 | トップページ | マイクロフォーサーズ »

森博嗣「τになるまで待って」

密室殺人を扱っていたりしてミステリィっぽい体裁は整えてあるけど、もうこれをミステリィとして読んでるひとってそんなにいないんじゃないかなあ。謎は謎として気になるけれど、謎解きの過程よりも、謎解きをしてくれるまでの過程のほうが楽しいんだよね。謎が解かれることは確定しているから、それまでのいつものメンバーのあれやこれやをのんびりと眺めていることができる、っていう。そういう点では、「水戸黄門」あたりと似た作りになっているのかもしれない。もっとも、この作者のことだから、シリーズの一作一作でそんな安心をさせておいて、最後にひっくり返すぐらいのことはするかもしれないけど。

|

« チャレンジ10メートル2回目 | トップページ | マイクロフォーサーズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森博嗣「τになるまで待って」:

« チャレンジ10メートル2回目 | トップページ | マイクロフォーサーズ »