« 上橋菜穂子「闇の守り人」 | トップページ | 西野かつみ「かのこん10 ~おわりのはじまり~」 »

恵那山

恵那山っていうと名前は有名だし、日本百名山だし、中央道とおるたびに貫禄たっぷりのどっしりした姿を見せてくれるし。と、なかなか気になる山ではあるのだが、2,191メートルという中途半端な標高や、登山ルートの長さからこれまで敬遠してきた。しかし、調べてみると広河原ルートという新しいルートがあって、頂上まで3時間でいけるらしい。これならいいかなという気になって、梅雨の晴れ間に出かけてみた。
20080607b広河原ルートの登山口へは、林道が通行止めになっているため、臨時駐車場から30分程度林道歩きをしなければならない。これを計算に入れていなかったので、実際には、頂上まで3時間半ってのがルートタイムとなる。今回は老親連れなので余裕を持って出かけたのだが、頂上までは3時間45分とわりといいペースで登れた。登山道は岩がごろごろしている区間もあるし、登りはじめはけっこう急だったりもするのだが、総じて歩きやすい。ただ、標高を上げて行くにしたがい、非常に羽虫が多くなり始終まとわりつかれる。頂上で昼食を摂ったときも、食べ物に虫がつかないようにするのがひと苦労。天気がいまいちで展望がきかなかったのも残念。こういうことがなければ、いい山だったなあ思えたんだろうけどなあ。
そのあとの下りが大変。何が大変って、親が完全にバテてしまってまったく行程が捗らなくなった。ペース配分に失敗したってとこなんだろう。なんとか無事に下りられたのでよかったけれど、もう少し配慮してやらないとダメだったなあと反省。下りのタイムは、3時間15分。休憩時間を入れると、登って下りて7時間45分という長丁場になってしまった。

|

« 上橋菜穂子「闇の守り人」 | トップページ | 西野かつみ「かのこん10 ~おわりのはじまり~」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵那山:

« 上橋菜穂子「闇の守り人」 | トップページ | 西野かつみ「かのこん10 ~おわりのはじまり~」 »