« 秋月大河「騎條エリと緋色の迷宮 英国亭幻想事件ファイル」 | トップページ | 2008年6月の購入予定物件 »

御池岳と鈴北岳

朝起きたら天気がよかったので、御池岳と鈴北岳とに行ってきた。今年は梅雨入りが早くて、今週あたり来そうな勢いなので、今のうちに足慣らししておかないと用意が整わないうちにハイシーズンを迎えてしまう。
鞍掛トンネルの駐車場にクルマを停めて、国道を歩いて御池岳コグルミ谷登山口へ。コグルミ谷は、3年前の4月に下りたことがあるけれど、上の方は雪に埋まって大変だった。今回は雪もないし、メジャーなルートだから楽に登れるだろうと思っていたら、思っていたよりも傾斜があるし、岩も滑りやすくて気を使う。いつもなら、登りはじめて30分ぐらいでふっと楽になるんだけど、今回はそれもなくって、ずっとしんどいなあと思いながら登っていた。やっぱり身体が鈍ってるんだろうなあ。
そうやってたどり着いた御池岳は、記憶どおりのおもしろみのないところで、記念写真だけ撮ってとっとと退散。このルートのハイライトは、御池岳から鈴北岳までのなだらかな高原地帯。鈴北岳側は日本庭園なんて名前が付いている。空が広くて気持ちがいいところだ。20080601a
日本庭園を通って鈴北岳の山頂で昼食。ぎりぎり暑くない程度の天候で、ここをこうやって楽しめるのは今ぐらいまでだなあといった感じ。次来るとしたら、秋かな。
下りは鞍掛トンネルまで一気。このルートは単調でおもしろみがないけど、露岩や木の根が少なくて歩きやすいのがいいかな。
たまには、コースタイムなど。休憩時間は含まない。
鞍掛トンネル-(20分)-御池岳コグルミ谷登山口-(60分)-六合目-(50分)-御池岳山頂-(35分)-鈴北岳-(65分)-鞍掛トンネル

|

« 秋月大河「騎條エリと緋色の迷宮 英国亭幻想事件ファイル」 | トップページ | 2008年6月の購入予定物件 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御池岳と鈴北岳:

« 秋月大河「騎條エリと緋色の迷宮 英国亭幻想事件ファイル」 | トップページ | 2008年6月の購入予定物件 »