« 5月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 2008年7月の購入予定物件 »

鈴木大輔「ご愁傷さま二ノ宮くん 9」

番外編が続いていてすっかり忘れていたけれど、本編も新展開でなかなかに大変な状況になっていたのであった。どのくらい大変かというと、この巻にはいっさいいちゃいちゃ展開がない。こんなの「二ノ宮くん」じゃねえっ、といわれても仕方がないような話である。まあ、表紙からして麗華が真由にしなだれかかっているという構図なので、そもそもそこが「二ノ宮くん」じゃねえっ、だわな。
そんな感じでこれまでの読者からするとなんか違うなあと思わざるを得ない。最終話に向けて盛り上げようとしているんだろうけど、そのためにここまで作品のイメージが変わっちゃうってのはどうだろう。今のところ峻護があいかわらずのへたれっぷりを見せているからいいものの、これで峻護が完全に覚醒しちゃったら、別の話になっちゃうんじゃないかな。

|

« 5月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 2008年7月の購入予定物件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木大輔「ご愁傷さま二ノ宮くん 9」:

« 5月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 2008年7月の購入予定物件 »