« ISAは難しい | トップページ | MSとヤフーが協賛のあれ »

小河正岳「ウェスタディアの双星 真逆の英雄登場の章」

まったく興味を持てなくて手にも取らなかったんだけど、あるとき小河正岳っていうクレジットに気が付いた。「お留守バンシー」の作者となれば放っておくわけにもいかないと、購入して読み始めた。
いまどき珍しいスペースオペラ。しかも、「銀英伝」みたいな話っていえばほとんど説明が済んでしまうような。おそらく作者としても意識してるんじゃないかなあ。年齢的にも、直撃世代だろうし。キャラクター作りはうまいから、あとはストーリ展開と戦闘シーンにどう説得力を持たせるか、ってのと作品を貫くテーマみたいなのをどうするか、ってとこだろうねえ。少なくとも、前者がうまくいけば何冊かは楽しめるだろう。

|

« ISAは難しい | トップページ | MSとヤフーが協賛のあれ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小河正岳「ウェスタディアの双星 真逆の英雄登場の章」:

« ISAは難しい | トップページ | MSとヤフーが協賛のあれ »