« MSとヤフーが協賛のあれ | トップページ | 成田良悟「デュラララ!!×4」 »

松野秋鳴「えむえむっ! 4」

あいかわらず、飛ばすなあ。この巻は2話構成で、どちらも学園祭の話。最初のほうが太郎がドMじゃなくなる話。マゾといえば、つい最近まで、上杉家の領地にMAZOってのがある意味をまったく気が付かずにいた。佐渡とセットなんだね。それはともかくとして、マゾじゃなくなったのはいいけれど、次々と異常性癖に書き換えられていき、最後は同性愛ってとこに落ちついて。となれば、辰吉クンの出番ってのは誰が読んでも明らか。ってわけなんだけど、どちらかというと、同性愛に目覚めるまでの前振りの話のほうが面白かったような。
2話も話としては続きなんだけど、太郎はドMに戻っている。ボランティアの対象を探すため、石動先輩に連れまわされる太郎。っていう、学園祭モノでありがちのシチュエーション。こういう王道路線で楽しませてくれるのもうれしい。もちろん、この小説がそんなまともなまま終わるわけもなく、MFCの登場と相成るわけだ。MFCが何かってのは、何となく想像がつくだろうけど、たぶんそれで正解。そのまんまんやがな、と突っ込みたくなるネーミングである。

|

« MSとヤフーが協賛のあれ | トップページ | 成田良悟「デュラララ!!×4」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松野秋鳴「えむえむっ! 4」:

« MSとヤフーが協賛のあれ | トップページ | 成田良悟「デュラララ!!×4」 »