« 五十嵐雄策「乃木坂春香のヒミツ 7」 | トップページ | カレンダーがない »

支倉凍砂「狼と香辛料 VI」

前の巻から引きずっていたホロとの、この先の話がなんとか決着。それに絡めるように新キャラ登場、っていう巻。これまでの話とくらべるとあまり何も起こってないんだけれど、このシリーズとしてみたら、転機を迎えたといっていいのかな。商売っ気もほとんどなくて、ホロとロレンスとの感情のこじれが話の中心になっている。でも、おもしろい。これはやっぱり。ホロっていうキャラクターの強さなんだろうなあ。
それはともかく、あとがきには大いにうなずいてしまった。騰がっても下がっても、相場ってヤツは仕事する気をなくしてくれるよなあ。

|

« 五十嵐雄策「乃木坂春香のヒミツ 7」 | トップページ | カレンダーがない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支倉凍砂「狼と香辛料 VI」:

« 五十嵐雄策「乃木坂春香のヒミツ 7」 | トップページ | カレンダーがない »