« 年越しのポイントは持たないぜっ | トップページ | 2007年のゲーム購入状況 »

京極夏彦「後巷説百物語」

「巷説百物語」のころの出来事を、老いた百介が語るような体裁をとっている。ちょっとばかし、「半七捕物帳」を思い出す。もしかしたら、こんな感じでまた何巻か続くのかなあ、みたいに思って気軽に読み進めていったら、ラストに向かっての盛り上がりにはちょっと驚いた。「後」とかついてるけど、これはこれで、ひとつの「巷説百物語」だったんだなあ。
これで今年の本の感想も終わりかな。なにしろ本を読むのって通勤時と昼休みくらいなもんで、家に帰ったら万が読んでるかネットをうろうろてるか、だからなあ。

|

« 年越しのポイントは持たないぜっ | トップページ | 2007年のゲーム購入状況 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京極夏彦「後巷説百物語」:

« 年越しのポイントは持たないぜっ | トップページ | 2007年のゲーム購入状況 »