« 藍上陸「アキカン! 3缶めっ」 | トップページ | 冲方丁「オイレンシュピーゲル参 Blue Murder」 »

可逆圧縮対応のポータブルプレイヤ

たぶんあんまりないんだろうけど、可逆圧縮データを再生できるポータブルプレイヤってのはどうなんだろう。
ちょっと考えただけでも、容量増やさなきゃいけないし、再生時間は短くなっちゃうだろうし、でポータブルという用途には適してないのは明らか。その上、可逆圧縮の世界にはMP3みたいなデファクトスタンダードがない。コーデックの普及度合いっていうか、インストールベースからいったらWMA losslessかApple lossless。どちらにしてもインストールされているだけで、使っているひとが少ないのは間違いない。まあ、しかしプレイヤを作る側からしたら、Apple以外はWMA losslessなんだろうなあ。
ってわけで「WMA lossless 対応」で検索。最初に引っかかったのが、gigabeat S。60GBモデルの直販価格が46,000円。だけどサイトを見たら販売終了になってた。他にはそれらしきものが見つからない。かわりにFLAC対応とか、ATRAC Advanced Lossless対応ってのを見つけた。前者はiAUDIO。後者はウォークマン。FLACってのは聞いたことあるけど、ATRAC Advanced Losslessってのは初耳。SONYもそんなことやってるんだ。でも、どうせSONIC STAGEでしか転送できないだろうし、どっちかっていったら、FLAC使ってるiAUDIOのほうがいいかなあ。なんにしても選択肢はかなり狭いのは確か。

|

« 藍上陸「アキカン! 3缶めっ」 | トップページ | 冲方丁「オイレンシュピーゲル参 Blue Murder」 »

物欲話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可逆圧縮対応のポータブルプレイヤ:

« 藍上陸「アキカン! 3缶めっ」 | トップページ | 冲方丁「オイレンシュピーゲル参 Blue Murder」 »