« ブラウン管テレビ絶滅寸前 | トップページ | 鷹野祐希「秋津島二 惑いし宿命の乙女」 »

物を売り行く

死んだままになっているPentiumM機をそのままにしておくわけにもいかないので、バラしてソフマップに売りに行った。PentiumM機はマザーボードが壊れたのか、CPUが壊れたのかいまいち不明だったけど、まあマザーボードのほうだろうとアタリを付けて、CPUとメモリとハードディスクを持っていった。CPUがちゃんと検査をパスして売れたので、やっぱりマザーボードが壊れているんだろう。代金はポイントでもらって、タイムリープとかを買うつもり。なんだけど、Phenomの割引券をもらってしまった。えろげよりこっちのほうが楽しいかなあ。値段は4倍くらいするのには目をつぶるとして。
検査待ちの間、昼食を摂ってから、ビックカメラでD300とE-3をさわってきた。フォーサーズユーザだからってのはあると思うけれど、E-3のほうが物欲をそそるなあ。いかにもフラッグシップ然としたたたずまい。一方のD300はD80の上級機っていう印象。性能、機能的には隔絶してるのはわかってるんだけど。
その後、アニメイトでカレンダーを物色。ポイントがたまってきたのでいいのがあれば買っておこうと思ったのだが、これはというものがない。この先、取り扱いが増えるとも思えないし、どうしたものか。ま、タダでもらえるふつうのカレンダー掛けとけばいいんだけどね。

|

« ブラウン管テレビ絶滅寸前 | トップページ | 鷹野祐希「秋津島二 惑いし宿命の乙女」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物を売り行く:

« ブラウン管テレビ絶滅寸前 | トップページ | 鷹野祐希「秋津島二 惑いし宿命の乙女」 »