« セキュリティーソフト | トップページ | Phenomにちょっと期待 »

冲方丁「スプライトシュピーゲルIII いかづちの日と自由の朝」

浪花節というか、努力・友情・勝利というか、なんかそんな感じの話。素直に燃えるといえればいいんだけど、そういうにはちょっとあざとさが鼻に付く。わざとあからさまな書きかたしてるんじゃないかと思いつつ、でも実はこういうのが本来の持ち味だったのかなあと思ったり。文章やキャラ造形の特徴的なところが目に付きやすいけど、ストーリは王道一路のひとだったのかなあ。「ばいばい、アース」もそんなところあるし。

|

« セキュリティーソフト | トップページ | Phenomにちょっと期待 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冲方丁「スプライトシュピーゲルIII いかづちの日と自由の朝」:

« セキュリティーソフト | トップページ | Phenomにちょっと期待 »