« 北海道ツーリング拾遺集その1 | トップページ | LEICA D VARIO-ELMAR14-150mm »

北海道ツーリング拾遺集その2

今回もフェリーを使って行ったのだが、新日本海フェリー太平洋フェリーの価格差がほとんどなくなっているのにびっくりした。以前は新日本海フェリーのほうが圧倒的に安かったイメージがあるのに。知らないうちに新日本海フェリーが大幅値上げをしたということなんだろうけど、そのかわりなのか速度が速くなって20時間前後で敦賀と苫小牧東を結べるようになった。もっとも、これがありがたいかというとそうでもない。今回の便では敦賀発が1時15分で、苫小牧東着が20時30分。仕事が終わったらその日に出発~、みたいな元気がいいひとならいいが、そうでなければ出発が遅すぎる。苫小牧東着も夜だから、とりあえずはそのあたりに宿をとって泊まるしかない。
一方、太平洋フェリーはというと、名古屋が20時発で苫小牧が翌々日10時45分着。倍近く時間はかかるが、陸で泊まるかわりに船の中で一泊できると思えば悪くない。陸で泊まる料金を考えれば、太平洋フェリーのほうが割安に思える。問題は運航日が限られていること。新日本海フェリーは毎日発だけど、太平洋フェリーは1日おきぐらい。今回も日程が合わずに新日本海フェリーになってしまった。
もうひとつ太平洋フェリーには問題点がある。もしかすると改善されているのかもしれないが、KONKONが最後に利用したときには2等寝台の電源コンセントが使えなくなっていた。PSP持ち込んで暇つぶし、とか思ってるとバッテリー切れで悲しい思いをするかも。

|

« 北海道ツーリング拾遺集その1 | トップページ | LEICA D VARIO-ELMAR14-150mm »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング拾遺集その2:

« 北海道ツーリング拾遺集その1 | トップページ | LEICA D VARIO-ELMAR14-150mm »