« ソフトバンクの謎が解ける | トップページ | 64bit版XPにいまだ移行中 »

榊一郎「神曲奏界ポリフォニカ ストラグル・クリムゾン」

前の巻「スパーティング・クリムゾン」の続き。奪われた「コア」を取り戻すことができるか。ってことで、ツゲ神曲楽士派遣事務所の奮闘は続く。前巻はユフィンリーを中心に描いていたけど、この巻はレンバルトにも比重が置かれる。自身が自覚していた自らの限界を、今回の事件でよりマイナス方向で捉え直すことになってしまって悩むレンバルト。彼はその限界を突破することができるのか。
みたいな話もあるんだけど、前巻とこの巻の共通のテーマっていったら、「小さいコーティカルテかわいい」なんじゃないだろうかと思ってしまった。これ、間違いなく確信犯だよなあ。

|

« ソフトバンクの謎が解ける | トップページ | 64bit版XPにいまだ移行中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 榊一郎「神曲奏界ポリフォニカ ストラグル・クリムゾン」:

« ソフトバンクの謎が解ける | トップページ | 64bit版XPにいまだ移行中 »