« なんかひさしぶりに宴会 | トップページ | 入笠山にすずらんを見に行く »

上橋菜穂子「狐笛のかなた」

「かのこん」とか「いぬかみっ」とか狐系ライトノベルはたくさんあるけれど、これはそういうのとは対極をなす作品。っていっても、狐がオスで主人公が人間の女というだけだけどね。解説によると、種類としてはジュブナイルに分類される作品らしい。ジュブナイルという言葉の響きからいくと、ライトノベルよりも年齢層は下のような感じで、確かに平易には書かれているんだけど、文章としての歯ごたえはこっちのほうがある。子供向けでもライトではないといったところか。

|

« なんかひさしぶりに宴会 | トップページ | 入笠山にすずらんを見に行く »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上橋菜穂子「狐笛のかなた」:

« なんかひさしぶりに宴会 | トップページ | 入笠山にすずらんを見に行く »