« うどん旅行一日目 | トップページ | うどん旅行MAPLUS編 »

うどん旅行二日目

うどん旅行二日目は、ことでん・JRくるり~んきっぷを利用して、香川県をぐるっと回りつつうどんをたべることにした。起点は坂出の「がもううどん」とし、そこから左回りする。予讃線で一軒、土讃線で一軒、琴平電鉄琴平線で一軒、琴平電鉄志度線で一軒、〆はホテルの近くの「うどん棒」の予定である。
まずは予讃線の「がもううどん」。ここは人気店らしく、店の規模からは考えられないような広い駐車場がある。着いた時には20人程度の行列ができていたが、並んでるうちにもどんどん行列が伸びていく。順番がきて、1玉とあげを食す。普通にいえばごくシンプルなきつねうどんなのだが、これが旨い。昨日食べたののがかすむくらい。一晩寝てリセットされたせいもあるんだろうけど、それにしてもこれほどとは。
土讃線は「長田 in 香の香」。基本的には釜あげうどんの専門店。この妙な店名だけだと、とてもうまそうには思えないが、これも恐ろしく旨い。これまで釜あげうどんを旨いと思ったことはなかったんだけど、ここのは別格。ほんのりと甘みが漂う不思議と旨いツユが、うまいぐあいに麺に絡み付いて口の中に入ってくる。この麺とツユの割合が絶妙。ツユだけじゃなく、かなり麺も研究してるんだろうなあ。
このあと、腹ごなしにこんぴらさんにいったのはいいのだが、気が付いたら琴平線で狙っていたお店の営業時間に間にあわなくなってしまった。
だいぶテンションは下がってしまったが、予定どおり次をこなす。志度線は屋島の麓の「わら家」。屋島山上を観光して、かなりおなかをすかしてから行く。ここも釜あげメインの店で、「長田 in 香の香」との勝負っ、というノリだったんだけど、結果からいうと「長田 in 香の香」の圧勝。「わら家」も釜あげなのに旨いとは思ったものの、びっくりするほどではなかった。
その後、同じ志度線で「山田屋 本店」へと向かう。琴平線の仇を志度線で、というくらいのつもりだったが、何の変哲もないおいしいうどんで、仇を討つまでにはならなかった。いや、おいしいんだけどね。前半2店のインパクトが大きすぎた。
〆にする予定だった「うどん棒」は中止。テンション切れ。

|

« うどん旅行一日目 | トップページ | うどん旅行MAPLUS編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「長田in香の香」、店名といい、店構えといい、どうかなと思わせるうどん屋ですよね。入ってみると旨いんですが。

「がもう」は二回連続で空振りしている店です。羨ましい…

投稿: aquila | 2007/05/19 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うどん旅行二日目:

» 阪急電車・・・阪急電鉄 [阪急電車・・・阪急電鉄]
阪急電車(阪急電鉄)をもっと詳しく知って快適電車(通勤・通学・移動)利用。路線、歴史、ウンチク、写真等、阪急電車について... [続きを読む]

受信: 2007/05/20 03:05

« うどん旅行一日目 | トップページ | うどん旅行MAPLUS編 »