« 鎌倉旅行記(3月30日分) | トップページ | 谷川流「涼宮ハルヒの分裂」 »

鎌倉旅行記(3月31日分)

31日は9時頃宿を出て、鶴岡八幡宮へ。若宮大通を北上し、一ノ鳥居、二ノ鳥居と来たら、そこから三ノ鳥居までは桜のトンネルである。まだ満開とはいかず、七分咲きといったところか。こういういうふうに街路樹にされているような桜なので、木そのものに勢いはないが、前方に見える朱の三ノ鳥居とのコントラストはそれなりに美しい。三ノ鳥居といえば、「うた∽かた」の第一話で、一夏ちゃんがセイ、カイと会って、お守りのお礼をいうところ。あのときバックに見えていたお店は。あ、あれか。ってことで写真を撮る。見るひとが見たら何やってるかもろバレだな。
Genziike三ノ鳥居をくぐると左手に平家池、右手に源氏池というのがあって、当然のごとく平家池のほうがしょぼい。源氏池のほうには池の周りに桜が多く、水面に映って風情がある。
本宮に向かうと、いきなり結婚式の行列に出くわす。新郎はどうやら西洋人っぽいのだが、キリスト教徒ではないのだろうかとふと思う。本宮にお参りしていると雅楽の調べが聞こえる。なんだろうなあと思ったら、またもや結婚式の行列。結婚式ラッシュですか、今日は。その後、鎌倉国宝館を覗いたり、源氏池の鳥を撮ったりする。鎌倉国宝館はスペースこそたいしたことはないが、展示されている仏像は見応えのあるものばかり。客も少ないのでゆっくり観賞できる。お勧め。でも修学旅行シーズンは混むんだろうなあ。
鶴岡八幡宮を出て、鎌倉宮、荏柄天神社、源頼朝の墓とまわる。荏柄天神社は日本三大天神というからどかなもんだろうと思ったが、ぜんぜんたいしたことがない。一宮の七夕を日本三大七夕というようなもんだろうか。源頼朝の墓は幕府の創始者とも思えないほどの質素なもの。財政的に脆弱だったのだろうか。
いったん鶴岡八幡宮まで戻って、境内を東から西へと抜け、建長寺へと向かう。
Tengu建長寺はさすが鎌倉五山の第一位というだけあって、敷地も広いし建物も多い。ずっと奥まで歩くと、半僧坊という天狗を祀ってあるお寺があって、そこには何体もの天狗の像が配置されている。1/1フィギュアでジオラマをやっているようで面白い。三門まで戻ってくると、お坊さんが法話をやっている。しばらく聞いていたが、なかなかうまいこと話をする。さすがはプロ。
そしていよいよ最後は明月院。アジサイで有名らしいが、この時期にはそんなものはない。それはともかく、境内全体が庭のようになっているお寺ってのもなかなかないんじゃないか。この時期にも咲いている花も少なからずあるし、それなりに楽しませてもらった。
14時15分か20分ぐらいかな。北鎌倉駅から電車に乗った。そこからが長いんだけど、それはまあいいや。

|

« 鎌倉旅行記(3月30日分) | トップページ | 谷川流「涼宮ハルヒの分裂」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉旅行記(3月31日分):

« 鎌倉旅行記(3月30日分) | トップページ | 谷川流「涼宮ハルヒの分裂」 »