« 今年も鳩吹山に行く | トップページ | 熊谷雅人「ネクラ少女は黒魔法で恋をする4」 »

時雨沢恵一「キノの旅VIII」

7巻の感想で「8巻読むのはしばらく後にしておこう」と書いたけれど、それから実に1年以上空けてしまった。ここまであとにするつもりなかったのになあ。
ひさしぶりに読むキノはやはりどうしようもなくキノで、一冊読み終わる頃にはまたしても、次の巻を読むのはもうちょっとあとにしようと思ってしまった。たまに読みたくなるけど、続けては読みたくないなあ。
この巻では、一冊の後半まるごとエピローグになっていて、あ~またやってる、とか思っていたら、あとがきがもっとすさまじいことになっている。このひと、こういう遊びをするのが目的で、小説はそのための手段に過ぎないのかもしれないなあと思ったり。

|

« 今年も鳩吹山に行く | トップページ | 熊谷雅人「ネクラ少女は黒魔法で恋をする4」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時雨沢恵一「キノの旅VIII」:

« 今年も鳩吹山に行く | トップページ | 熊谷雅人「ネクラ少女は黒魔法で恋をする4」 »