« Vistaを甘く見ていた | トップページ | bk1率が高くなってきた »

坂本康宏「逆境戦隊バツ[X] 1」

ハヤカワJAでありながらアニメイトの本棚に並んでいるような本ってのは、それだけで気になってしまう存在なんだけど、これはその中の一冊。ネタとしては昨今ありがちな、ダメ人間のコンプレックスを延々と垂れ流すような話で、でも、そういう主人公が戦隊モノのヒーローになって戦うというところが少し毛色が変わっているかな。読んでいて退屈しない程度には楽しめるけど、あまり感心しないのも事実。なんか主人公がステロタイプ過ぎるんだよねえ。地の文章もこういうネタを扱うわりには妙に普通っぽいし。変な喩えしちゃうと堺屋太一の近未来小説みたいなイメージ。いや、読んだことないけどさ。ある方面を多少かじったひとが、その方面を知らないひとのためにわかりやすく書いてみました。みたいな。

|

« Vistaを甘く見ていた | トップページ | bk1率が高くなってきた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂本康宏「逆境戦隊バツ[X] 1」:

« Vistaを甘く見ていた | トップページ | bk1率が高くなってきた »