« 成田良悟「世界の中心、針山さん 2」 | トップページ | MAPLUSポータブルナビを使ってみる »

小河正岳「お留守バンシー4」

前巻で魔人に身体を乗っ取られたフォン・シュバルツェンだが、この巻になってもまだ乗っ取られたまま。首だけが、食堂に置かれて、住人を恨めしげに睨んだり、逆に首しかないことをさいわいに悪戯されたり。とまあ、いかにもオルレーユ城らしい風景から始まって。
驚いたことに最終巻である。この唐突な終わり方は打ち切り、ってやつですか。なんで~。これ、おもしろいのに。KONKONが読んでいるライトノベルのなかでは明らかに上位に属してるんだけどなあ。KONKONがそう思ってるだけで、本来の読者層からみると刺激が少なすぎるのかもしれん。でも、そこがいいのに。これが本当に打ち切りなら、こういうのんびりとした作品はしばらく書かせてもらえなくなっちゃうのかなあ。惜しいなあ。とにかく、次回作に期待しておくしかないか。

|

« 成田良悟「世界の中心、針山さん 2」 | トップページ | MAPLUSポータブルナビを使ってみる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小河正岳「お留守バンシー4」:

« 成田良悟「世界の中心、針山さん 2」 | トップページ | MAPLUSポータブルナビを使ってみる »