« 10月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | ああ、もう11月も終わり »

冲方丁「マルドゥック・ヴェロシティ3」

いよいよ完結編。いかにしてボイルドは爆心地に到達したか、最後までじっくりと追わせてもらった。あとがきでぐだぐだかいているのはどうかと思うが、まずはきっちり書き切った作者に拍手したい。あらかじめ結末が見えているだけに、読んでいるほうもいつ墜ち始めるのかドギドキしていた。いってみれば、1巻、2巻はジェットコースターの登りで、3巻が下りみたいな。加速感は思ったほどではなかったけれど、ジェットコースターと違って、こっちは地面に激突するのがわかってるからなあ。普通、バッドエンドの作品でも最後までなんとかなるかもという希望を抱きつつ読み進めるもんだけど、これは違った。ちょっと不思議な読書体験である。

|

« 10月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | ああ、もう11月も終わり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冲方丁「マルドゥック・ヴェロシティ3」:

« 10月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | ああ、もう11月も終わり »