« 北横岳に行く | トップページ | sansa e130初見 »

RAW書き込み実験

注文していたCFMD-4Gが来たので、簡単にRAW書き込みの速度を測っておこう。カメラのアクセスランプが点滅している間を書き込み時間だとみなすことにする。正確ではないが傾向はわかるだろう。
比較するのは、ハギワラシスコムのスタンダードコンパクトフラッシュHPC-CF1GVと高速型CF、HPC-CF1GZP
まずは、E-300。HPC-CF1GV、HPC-CF1GZP、CFMD-4Gの順に、3.3秒、3秒、4.9秒。
一方、C-5060WZは、同じ順で、8.7秒、7.0秒、7.6秒。おまけに本体添付のxDメモリが、7.4秒。
速度面でいえば、高速型のCFが速い。マイクロドライブは完全に期待はずれ。特に、本体側の高速化が図られているであろうE-300において大幅に遅くなっているところを見ると、ドライブそのものが遅いんだろうなあと結論を下さるを得ない。C-5060WZではCFとの差は顕著ではないが、書き込み時間そのものが大きくなりすぎで、実用的とはいえない。微妙なモノ買っちゃったなあ。

|

« 北横岳に行く | トップページ | sansa e130初見 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RAW書き込み実験:

» CFがいつのまにか2GBで9000円とかに。 [コスプレ衣装をメモするブログ]
CFは1GBで1万円なイメージが未だにあったのですが、サンディスクの高速タイプとかでもいつのまにか1GBで5000円、2GBで9000円とかになってたんですねー。びっくりです。でもSDと比べると(比べてもあまり意味はないですが・・)まだ高い感じですけど。今うちにあるのは1GBが... [続きを読む]

受信: 2006/11/18 13:04

« 北横岳に行く | トップページ | sansa e130初見 »