« dynabook背負って信州へ | トップページ | 晴天の霧ヶ峰、美ヶ原を走る »

dynabook背負わず信州で

結局、dynabookは持たずに一日中走り回っていた。
Shirokomaike午前中は、八ヶ岳方面。午後はロマンチック街道とか称している浅間山や白根山の方。よかったのは八ヶ岳の方。なにしろ天気がよかった。道も麦草峠付近以外は流れがよく快適に走れた。道から見る紅葉はまだこれからという感じだったけど、白駒池のあたりは見事。一眼レフかまえた老若男女が大量に発生していた。
八ヶ岳を後にして北に向かうと徐々に天気が悪くなってくる。大渋滞の軽井沢を抜け、鬼押出しまではまだよかったけど、その後はときおり小雨がぱらつくといういやな天気。南のほうに戻れば天気は回復しそうなので、白根山はパスして、南に戻ることにする。白糸の滝を経由して軽井沢へ。白糸の滝は、思っていたよりしょぼくてがっかり。富士山のとは比べ物にならない。帰りもやっぱり軽井沢で渋滞に巻き込まれて、ずいぶん遅くなった。日が沈むと急速に冷え込んでくる。寒さをこらえつつ、なんとか宿まで走った。

|

« dynabook背負って信州へ | トップページ | 晴天の霧ヶ峰、美ヶ原を走る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dynabook背負わず信州で:

« dynabook背負って信州へ | トップページ | 晴天の霧ヶ峰、美ヶ原を走る »