« シグマシグマ~ | トップページ | ヤマグチノボル「ゼロの使い魔8 <望郷の小夜曲>」 »

阿智太郎「陰からマモル! 2 椿の初でいとへの道」

短編が4本。表題作の「椿の初でいとへの道」は、椿のデートのリハーサルに付き合う話。この手のシリーズモノでは、ある種、定番といえる。お話しの作りもまあ普通かな。ってとこなのだが、問題なのが椿のキャラクターデザイン。和風美人といえばそうなんだけど、どうにも老けて見えるんだよねえ。文章だけ読んでりゃいいんだけど、ライトノベルの場合そうもいかないからなあ。それにしても、これにしろ、1本目の「なんたってアイドル」にしろ、ゆうなにかかわるとどっと疲れることばかりだなあ。主人公には同情を禁じえない。

|

« シグマシグマ~ | トップページ | ヤマグチノボル「ゼロの使い魔8 <望郷の小夜曲>」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿智太郎「陰からマモル! 2 椿の初でいとへの道」:

« シグマシグマ~ | トップページ | ヤマグチノボル「ゼロの使い魔8 <望郷の小夜曲>」 »