« 支倉凍砂「狼と香辛料II」 | トップページ | 7月のお買い物勝ち負け表 »

鈴木大輔「ご愁傷さま二ノ宮くん3」

麗華のヒロイン化が着々と進んでいるなあ、っていう印象。っていうか、実質、前巻後半からこっちはすでに麗華がヒロインになっているような。真由はいっちゃあなんだけど、自然災害みたいなもんだし。峻護との因縁も、どちらかというとマイナスにしか働かないような。性格は両方曲がってるけど、麗華の曲がり方のほうが好ましいし。
とはいえ、このシリーズのネタっていったら、男性恐怖症のサキュバスってのは外せないからなあ。このネタの落とし前をどうつけるか、ってのと、そこに麗華のお話をどうからめていくかってとこかなあ。へなへなのラブコメかと思ったら、意外と黒い展開を見せてくれそうで楽しみになってきた。

|

« 支倉凍砂「狼と香辛料II」 | トップページ | 7月のお買い物勝ち負け表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木大輔「ご愁傷さま二ノ宮くん3」:

« 支倉凍砂「狼と香辛料II」 | トップページ | 7月のお買い物勝ち負け表 »