« う~ん。天気が | トップページ | 40-150mm F3.5-4.5不発 »

高橋弥七郎「灼眼のシャナVI / VII」

あれ、そういやあ6巻の感想書いてなかったっけ。まあ、あんまりのんびり感想書いていられるような終わり方じゃなかったからなあ。急いで7巻買って読み始めて、今に至るというわけか。
この2冊は、吉田、佐藤、田中が紅世の徒との戦いに巻き込まれていく話。巻き込まれるとなると、当然シャナや悠二とのかかわりも出てくるわけで、それがどう描かれていくか、ってとこがポイント。特に、吉田、悠二、シャナのラインが読みどころ。
というわけで、作者自ら、痛快娯楽アクションと銘打ち、それなり以上の大量のアクションシーンが繰り広げられるものの、テーマは恋愛小説で青春小説っぽい。しかし、それはそれで読ませる。特に、へたれてるシャナってのはいい。結局、というか、やっぱりというか、この小説ってシャナ萌えが最大のテーマなんだろうなあ。

|

« う~ん。天気が | トップページ | 40-150mm F3.5-4.5不発 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋弥七郎「灼眼のシャナVI / VII」:

« う~ん。天気が | トップページ | 40-150mm F3.5-4.5不発 »