« ヤマグチノボル「ゼロの使い魔4 <誓約の水精霊>」 | トップページ | 壊れているモノたち »

京極夏彦「今昔続百鬼─雲 ~多々良先生行状記~」

副題がすべてを表しているなあ。妖怪大好き多々良勝五郎大先生が、行く先々で巻き起こす騒動を描いた作品。多々良センセイってのは、京極堂の登場人物のひとりで、まあ、あのシリーズの登場人物ではあたりまえのようだが、やっぱり変人である。と、ここまで書いて気が付いたが、「百鬼夜行─陰」、「百器徒然袋―雨」と続くサイドストーリーの中で、一冊丸ごと主役を張ったのは、榎木津がひとり目で、この多々良センセイはふたり目なのである。榎木津のすぐ後につけるとは、変人としての格はなかなかのものだといわざるをえない。道連れの沼上さんもさぞや迷惑なのだろうとは思うが、毎度毎度いっしょに道中を繰り返しているところを見ると、あんがい幸福なのかもしれないなあ。

|

« ヤマグチノボル「ゼロの使い魔4 <誓約の水精霊>」 | トップページ | 壊れているモノたち »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京極夏彦「今昔続百鬼─雲 ~多々良先生行状記~」:

» 百鬼サイト [百鬼厳選サイト一覧]
百鬼のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007/08/03 05:26

« ヤマグチノボル「ゼロの使い魔4 <誓約の水精霊>」 | トップページ | 壊れているモノたち »