« 高橋弥七郎「灼眼のシャナVI / VII」 | トップページ | Pentium4も値下げ »

40-150mm F3.5-4.5不発

40-150mmを生かすには山の写真なんてのもいいよね。とか思って、西穂高独標に行ってきたのだが、登り切った頃にはにはすっかりガスっていて何の働きもできなかった。しかたがないので、西穂山荘で目の前の山を撮ってみた。この時点では穂高かなあとか思っていたのだが、家に帰ってカシミールで同定すると、どうやら霞沢岳らしい。どうりで、足元に上高地らしき風景が見えていたわけだ。新穂高ロープウェイを使ってきたから、てっきり穂高が見えるもんだと勘違いしていた。たしかに、ロープウェイの駅からは見えるらしいけど、そこから歩いて行った西穂山荘からは見えなくなる。なーんだ。がっかり。
あっ、ちなみに西穂山荘から霞沢岳を撮るだけなら、40-150mm(35mm換算で80-300mm)なんてのはまったく不要。35mm換算で28mmとか35mmのあたりのほうがずっと便利。まあ、個々のピークを狙うとかならいいけど。

|

« 高橋弥七郎「灼眼のシャナVI / VII」 | トップページ | Pentium4も値下げ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40-150mm F3.5-4.5不発:

« 高橋弥七郎「灼眼のシャナVI / VII」 | トップページ | Pentium4も値下げ »