« 10万円近辺なら | トップページ | もうちょっと【eM】 »

南宮山に行く

そろそろ、福寿草の写真でも撮りに行こうかと思っていたのだが、天気が崩れそうなので、予定を変更。半日でなんとかなりそうな南宮山に行ってみることにした。南宮山の登り口は南宮大社になる。Nangoo_1
国道21号線を通って、伊吹山や北陸方面に行くことはよくあって、そのたびに南宮大社の看板を見ているけれど、実際に南宮大社に行くのは、初めて。社殿が立派で、たしかにこれは大社だな、って感じだったんだけど、そんなことよりも面白かったのが、南宮山へのとっかかりあたりに、いくつかの祀られているお宮があること。社っていうよりも祠って感じのが多いんだけど、なんでこんなにいくつも祀られているんだろう。こんなにあちこちにあるのは珍しいんじゃないのかな。Nangoo_2
そういうお宮に囲まれたような登山口から登り始め、南宮山ハイキングコースの終点となる展望所までは約1時間。ハイキングコースというくらいだから、登山道もよく整備されている。この展望所は、関ケ原の合戦の際に、毛利秀元が陣取った場所らしい。濃尾平野が一望でき、気分はまさにお山の大将である。Nangoo_3
さて、ここまではハイキングである。しかし、南宮山の本領はここから。展望所を山頂だと思っているひとも多いらしいが、この先、二等三角点のある真の南宮山山頂までは、山道らしい山道を辿らなければならない。ほとんど手入れもされていなくて、ところどころに巻きつけてある目印のテープを頼りに、一気に谷へ下り、すぐに急な登りを上り詰め。いよいよ、と思ったら、そこは偽ピークで、さらにもう一度下って登って、その先にもまだちょっとした下りと上りを経て、ようやく山頂である。展望所からは、30分というところか。時間的には短いが、南宮大社から展望所までよりも、そこから山頂までの方が、山に登った~っ、という気になる。
下りは登った道を逆戻り。天気も気になるので、ろくに休憩もとらずにとっとと下りる。南宮大社に着く直前に雨が降り出す。あー、ぎりぎり間に合った、と安堵したことである。

|

« 10万円近辺なら | トップページ | もうちょっと【eM】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南宮山に行く:

« 10万円近辺なら | トップページ | もうちょっと【eM】 »