« 一日中【eM】その2 | トップページ | 2005年のお買い物勝ち負け表総括 »

新井輝「ROOM NO.1301 #6 シーナはサーカスティック?」

今にはじまったわけじゃないけど、タイトルと表紙がばらばらだなあ。これ、幼くみえるけどホタルだよなあ。内容はというと、冒頭、ちょっとだけホタルの話があって、あとは基本的にシーナがらみのお話しだから、タイトルと内容は合ってるんだよな。でも、#6でああいう終わり方してんだから、表紙よりの話を期待してしまうわけで。そういう意味では肩透かしを食らった気分。
プロローグ時間、って前の感想でも書いてるけど、このシリーズは毎回プロローグが付いていて、こっちは本編から数年後になってる。この時間をプロローグ時間と勝手に呼んでいる。で、今回のプロローグでは、日奈とシーナの会話になっていて、その中で、シーナの話が普通に出てくる。ということは本編で、それがバレる描写が出てくるはず。そう思って読むと、この巻の本編はなかなかドキドキものですよ。佳奈がシーナと会った時点で気が付かないっていうとこはおいといても。

|

« 一日中【eM】その2 | トップページ | 2005年のお買い物勝ち負け表総括 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新井輝「ROOM NO.1301 #6 シーナはサーカスティック?」:

« 一日中【eM】その2 | トップページ | 2005年のお買い物勝ち負け表総括 »