« 今日が今年の始まり | トップページ | DVDレコーダの中身の整理 »

Windows98SEインストール

なにをいまさらという話。
CeleronM機が余っているので、Windows98SEをインストールしてみた。メインマシンのハードディスクが飛ぶ前までは、Windows2000とWindows98SEとのデュアルブートにしていたが、トラブルの元になるので復旧するときにWindows2000だけにしてあったのだ。実際問題として、Windows98SEがなくて困ることは少ないだろうが、マシンが余っていることだし、何かあったときのために稼働環境を残しておくのも悪くない。何かあったときというのは、Windows2000やXPで動かないゲームがあったとき。それもわりと重めのもの。軽いヤツだったら、VirtualPCでWindows95OSR2環境を構築済みなので、そっちを使えばいい。というようなわけで、たぶん出番はほとんどないはず。
Windows98SEをインストールするには、まずWindows98をインストールしなければならない。いつも思うことだが、無駄に手間をかけさせるよなあ。とはいえ、インストールも、その後の環境構築もほとんどノートラブルですんなりいってしまった。時間だけは半日以上かかったけど。しかし、こうやって使ってみると、Windows98SEって軽いよなあ。システムリソースの問題さえなければ、今でも使いたいくらい。

|

« 今日が今年の始まり | トップページ | DVDレコーダの中身の整理 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows98SEインストール:

« 今日が今年の始まり | トップページ | DVDレコーダの中身の整理 »