« 海原零「銀盤カレイドスコープ vol.5」 | トップページ | 北森鴻「触身仏」 »

Ethernetの口さがし

HDH-UL160をセットアップして気が付いた。Ethernetの口の空きがなくなってしまった。これは由々しき事態である。なにせ、また未開梱のRD-H1が控えているのだ。これじゃあつなげないじゃないか。
ということで、大須にEthernetの口を探しに行った。別に名駅近辺でも手に入るのだが、ワゴンセールかなんかで安いのあるんじゃないかなあと思ったのだ。ところで知っているひとがいたら教えて欲しいのだが、ワゴンセールとバーゲンセールって、いっしょの語源なのかな。bargainがドイツ語のwagenと発音が似てるのが気になってるんですけど。
それはともかくとして、Ethernetの口である。第一候補はJumbo Frame対応の8口ぐらいの1000Base-Tハブ。今、使ってる1000Base-Tハブが未対応だから、これを置き換えることで口を増やすとともに高速化を実現したい。第二候補が無線LAN Ethernetコンバータ。最近は、これにハブが付いているのがいくつかあるから、あまり転送速度を必要としないものについては無線LANで間に合わせてしまおうという考えだ。これのメリットはケーブルを引きなおしたり買い足す必要がないこと。
というようなことを考えつつ、大須をぐるっと回ったのだが、まるでダメ。ビックカメラよりも品揃えは悪いし、値段もたいして変わらない。ポイントを考えに入れれば、ビックカメラのほうが圧倒的に安い。もう大須はダメかも。

|

« 海原零「銀盤カレイドスコープ vol.5」 | トップページ | 北森鴻「触身仏」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ethernetの口さがし:

« 海原零「銀盤カレイドスコープ vol.5」 | トップページ | 北森鴻「触身仏」 »