« カシミール3D | トップページ | vs GR Digital »

「パティシエなにゃんこ」4周目

カシミールで風景をレンダリングさせている時間が暇なので「パティシエなにゃんこ」を再開した。現在、4周目を終わったところで、クリア順でいうと、みちる、冬華、一恋、ミオということになる。このゲームはちゃんとしたストーリはあるものの、キャラ造形の補完みたいなものだから、単純にキャラで順位をつけてしまうと、ミオ > 冬華 >> みちる >> 一恋、ってとこかなあ。ミオはもうとにかく見ててかわいい。仲良くなってから、すりすりされたりすると、それがうれしくて仕方がない。ゲームで触感を刺激されるとはおもわなかった。冬華はギャグキャラとしてのポジションと、夜中にひとり歌うシーンのコントラストが絶妙。あの歌、好きなんだよね。お父さんがらみの話は、あんまりいい出来とは思わなかったけれど、この歌だけでそれも救えてる。みちるさんは、ちょっと拍子抜け。もうちょっと先輩パティシェとしてのどろどろとした話を期待してたのになあ。そんなことやったら、このゲームのカラーが崩れちゃうから仕方ないか。一恋ちゃんは、よくも悪くもおまけキャラって感じだよなあ。

|

« カシミール3D | トップページ | vs GR Digital »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パティシエなにゃんこ」4周目:

« カシミール3D | トップページ | vs GR Digital »