« 衆院解散 | トップページ | ビアガーデンで宴会 »

新城カズマ「サマー/タイム/トラベラー」

原田知世の「時をかける少女」が上映されて、一部のSF者の魂を鷲掴みにしていた頃、KONKONは映画なんて見ずに、「時をかける猩々」というタイトルの小説を構想していたのであったよ。いつものとおり、構想だけで何も書きはしなかったのだけれど。そうしたら、あなた、この「サマー/タイム/トラベラー」には「猿の惑星」がタイムトラベル小説だという記述が出てくるじゃないの。そうか、「時をかける猩々」ってこれのことだったんだ。
というわけでもなんでもないんだけど、21世紀の「時をかける少女」こと、悠有ちゃんが活躍するタイムトラベル小説であります。悠有ちゃんはタイムトラベルもできる上に、くだらなすぎる冗談で笑いころげてくれる素敵な女の子。彼女ならきっと、「時をかける猩々」っていうタイトルの小説を見つけたら喜んでくれるに違いない。
あと、どーでもいいことなんだけど、もともと、これって間違えて買っちゃった本なんだよね。別の本、買おうとして、平積みの下の方から抜き取って、そのままレジに持っていたら、この本の2巻だったという。次の日に1巻を買って読み始めて、読み終えてみれば、間違えたわけじゃなくて本に選ばれたのかな、なんて。バカみたいだけど、そう思ってみるのもいいんじゃないか。

|

« 衆院解散 | トップページ | ビアガーデンで宴会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新城カズマ「サマー/タイム/トラベラー」:

« 衆院解散 | トップページ | ビアガーデンで宴会 »