« 霧と雨@01052005 | トップページ | 雲仙で観光@03052005 »

メイドさんが視える@02052005

目が覚め、まずは天気を確認。雨は上がっているが、雲は低い。阿蘇山上は雲の中である。こんな天気の日に上に登ることもない。阿蘇はまたの機会ということにして、天草へと向かう。今日の宿は長崎なので、どこかで時間をつぶさないと早く着き過ぎてしまう。しかし、よくよく考えたら早く着いたら市内観光をすればいいだけのこと。それに気が付いたのは天草五橋を渡り切った後のこと。途中、道を間違えて本渡へと渡るフェリーに乗れたのは2時を過ぎたころだった。長崎で見るものはたぶん17時に閉まるところが多いから、早く行かないと何も見られない。雲仙は潔くパスして、そのまま長崎へと走る。
長崎市内でまた迷って、ホテルに着いたのは16時半を過ぎた頃。これはもうほとんどアウト。グラバー園は21時半まで明いているらしいから、夜景目当てに日が沈んでから行くとして、日があるうちに見るべきなのは、オランダ坂ぐらいか。オランダ坂は石畳の急坂と洋風建築、それと港の景色が楽しいところだが、それにも増して、学校が多いのが不思議な感じだ。今日は平日なので、部活の男子生徒が坂をランニングしていたり、剣道の掛け声が聞こえたりする。
そのままふらふらと歩いていたら、大浦天主堂を発見。が18時まで開いているのを発見。せっかくなので入っておく。なんだかかる萱堂を思い出す。別の宗教の施設といえども日本人相手にすると似たようなものになるのかなあ。
その後、またオランダ坂を歩いて戻って、今は中華街の料理店でチャンポンが出るのを待ちながら生ビールを呑んでいるところ。あー、歩いた後はビールがうまい。
前の行との間に、チャンポンを平らげてから、グラバー園に行って来た。いつの間にかエレベーターで上がれるようになって、びっくり。観光地化というよりテーマパーク化が進んでいるようだ。しかし変わってしまったのはグラバー邸だけではない。邸内の展示に、居間とか厨房とかがあると、メイドさんを幻視できるようになってしまったのだ。ああ。

|

« 霧と雨@01052005 | トップページ | 雲仙で観光@03052005 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メイドさんが視える@02052005:

« 霧と雨@01052005 | トップページ | 雲仙で観光@03052005 »