« うた∽かた | トップページ | Hi-MD »

上遠野浩平「ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス」

なんか映画みたいな表紙だなあ。それにずいぶんひさしぶりの「ブギーポップ」のような気もするし。でも、読んでみたら、やっぱり以前のままのブギーポップであった。主人公を変えつつも、毎回似たようなことをやっているような気がする。その影でこそこそっと重要人物が動くという構図もいつものまま。こっちのほうが真のというか、シリーズを通してのストーリーにかかわっているんだろうけど、この物語群がひとつに収束することはいつのことなんだろうか。そもそも本当にまとまるんだろうか。読んでみたいけど、そのころになったら、もう、大半の登場人物を忘れているような。今だって、以前の巻の登場人物の名前を見ても、誰、それ。っての多いもんなあ。もしかしたら、このシリーズの読み方としてはすごくもったいないんじゃないだろうか。

|

« うた∽かた | トップページ | Hi-MD »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上遠野浩平「ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス」:

« うた∽かた | トップページ | Hi-MD »