« 大阪遠征 | トップページ | 宴会 »

64bit版Windowsは買ったものの

Athlon64機には、VideoGateが付いてるんだよなあ。あれが付いている限り、64bit版Windowsには移行できない。AthlonXP機だとちゃんと動かないし。Pentium4機はスロットが空いてない。カノープスが64bit版ドライバを出してくれれば丸く収まるんだけど、まず出さないだろうし。このままだと、64bit版Windowsのために、Pentium4マシンを入手、なんておバカな展開が待ってそうな気がする。それは避けたい。
安く上げようとすれば、Pentium4機のマザーボード交換。なにしろスロットが足らなくなっている原因は、不調なオンボードUSBのせいでUSBインタフェースを増設しているせいなのである。さらには、1000Base-TのNICも挿してある。こんなのマザーボードを交換してやれば、いらなくなってしまう。i865あたりのマイクロATXマザーを買って、交換で、うまくいくはずなんだよな。これをやらない最大の原因は、あいかわらず水冷PCを欲しがっているせい。マザーボード交換に比べると、10倍ぐらいお金がかかる。欲しい、けど買えない。夏ボー商戦でもう少し安くなってくれないとなあ。
もうひとつの手は、VideoGateを捨てること。ビデオ出力付きのグラフィックカードも当たり前になっているし、中には画質がいいものもあるだろう、という希望的観測である。このとき問題になるのは、音声出力。画像だけテレビから出て、音声はあいかわらずPCのスピーカから、なんてのはうれしくない。サウンドを2系統にして、片方をプレイヤーソフトに割り振る、何てことが出来ればいいんだけど、そういうのあるのかなあ。ん、そういえばWinAmpって、直接サウンドデバイスを振り当てられるよなあ。ひょっとして、WinAmpからビデオ再生するときも、その設定生きてるのか。

|

« 大阪遠征 | トップページ | 宴会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 64bit版Windowsは買ったものの:

« 大阪遠征 | トップページ | 宴会 »