« ソフマップ名古屋駅ナカ店 | トップページ | いくつかの買い物 »

海原零「銀盤カレイドスコープ vol.4」

副題が、リトル・プログラム:Big sister but sister。Big brotherを思い出してしまうような題だな。というようなはなしはさておき、ついにやっちゃったなあ、って感じの4巻。スポ根の王道はいいけど、登場人物に陳腐っていわせてどうすんのさ。わかっててやってますよ~、っていいたいのかなあ。読者からすれば、わかっててやってるのは当然の前提で、そこをどう見せていくかってとこが楽しみなのに、こんなところで照れ隠しのようなこといわれてもなあ。しかも、その陳腐さを隠す手段が下ネタときたら、これはもうなめられてるとしか思えんわなあ。好きなシリーズなだけに、こういうことをやられるとつらい。次巻からは心を入れ替えて、きっちりとスポ根の王道を提示して欲しい。

|

« ソフマップ名古屋駅ナカ店 | トップページ | いくつかの買い物 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海原零「銀盤カレイドスコープ vol.4」:

« ソフマップ名古屋駅ナカ店 | トップページ | いくつかの買い物 »