« gigabeat G10を買ってしまった | トップページ | 綱島志朗「ジンキ ─人機─ 」 »

成田良悟「デュラララ!!×2」

冒頭のカラーイラストページを見ても、誰これ、みたいな感じでよく思い出せない。読み進んでいくにしたがっていろいろ思い出しては来たものの、肝腎の紀田正臣、園原杏里、竜ヶ峰帝人の関係がうまく思い出せない。読み直した方がいいのかなあと思いつつ、まあ現在の関係はわかるからいいやで済ましてしまった。
一応、この巻で物語の構造が見えた、ってことでいいのかな。鋭いひとにとってはどうかはわからないけど、KONKONは結構驚いた。この先、ここで明らかになった骨格に、くせのありすぎる脇役たちがどう絡んでくるかが見物か。セルティの首がどうなるのかってもの気になるし、当然、物語全体がどのように収めるのかってのも見所。はやく次が読みたい。

|

« gigabeat G10を買ってしまった | トップページ | 綱島志朗「ジンキ ─人機─ 」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田良悟「デュラララ!!×2」:

« gigabeat G10を買ってしまった | トップページ | 綱島志朗「ジンキ ─人機─ 」 »