« zaurusでひぐらし・とりあえずこんなとこ | トップページ | Mac miniを見に行く »

sduty導入

カテゴリーリンクと新規カテゴリー「りなざう」を作りました。りなざう関係はサイドメニューのカテゴリー「りなざう」からご覧ください。って、こんなとこに書いてもしょうがないのか。むう。
昨日、Qswapを導入したものの、やっぱりswapはext2区画のほうが美しいよな、とわけのわからない理由をつけてsdutyに乗り換えてみた。
こちらはいくつかのユーティリティを導入しなければならないとか、SDカードが初期化されてしまうとかで、Qswapに比べると敷居が高いが、この説明の手順に従えばそれほど難しくはない。ひっかかったところは2ヶ所。ひとつはswap以外の区画がフォーマットされなかったこと。理由はわからないが、区画そのものはWindows2000から見えたので深く考えずにFAT32でフォーマットしてしまった。もうひとつは、SDカードアイコンが消えたら取り外し可能、という記述。SL-C860だからなのかもしれないが、「SD-カード取り外し」を選んでも、SDカードのアイコンが消えない。心配になって、dfコマンドで確認したら、間違いなくswap offされている。動作は問題ないが、パッと見わからないっていうのは怖いなあ。「SD-カード取り外し」を選び損なっていても気が付かずにSDカードを抜いちゃいそうだ。面倒でもいちいちdfコマンドで確認した方がいいかも。
FAT32区画にもとのデータをリストアして、ひぐらし開始、と思ったら日々研究から入手した、ランチャーのひぐらしアイコンが消えてる。これも理由はわからないが、とりあえずアンインストール後、再インストールで復活。そして、起動。最初は、メモリ不足のメッセージが出たような気もするが、プレイしているうちにまったく出なくなった。ひぐらしを始めてから一度もメモリ不足のメッセージを見なかったのは、今日が初めてである。64MBのswap領域は伊達ではない。もしかしたら、BMP画像の256色化も効いてるのかもしれないけど、
まあ、どちらにしてもプレイが格段に快適になったのはありがたい。

|

« zaurusでひぐらし・とりあえずこんなとこ | トップページ | Mac miniを見に行く »

りなざう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sduty導入:

« zaurusでひぐらし・とりあえずこんなとこ | トップページ | Mac miniを見に行く »