艦これ 秋イベント2019 その1 さてとE1行きますかねぇ

E1『八駆見参!バリ島沖海戦』。
作戦名タイトルに乗って八駆で行ってあげたいところだが、八駆といえば強い駆逐艦ばかり。対して、今回のE1は過去に例のないほど易しいらしい。そうなると八駆を出すのがもったいない。というわけで、もともとふたりいた朝潮以外の八駆メンバーを通常海域のドロップで手に入れ、とりあえず改まで育ててからイベントに投入した。ついでといってはなんだが、随伴の軽巡も酒匂2号を採用。こんなんでもなんとかなるのかなあと出撃してみたら、案外するっと行けそうな感じ。
第一ゲージは、集積地がボスで随伴PTということだったので、八駆メンバーにはWG42と熟練見張員と機銃を適当に分散。酒匂は瑞雲系ガン積みでいってみた。酒匂の瑞雲は道中の航空戦で一隻沈めたり、うまくいくとボスマスのPTを轟沈させたりして、意外と大活躍。集積地に対しては、WGをひとつずつしか持たないメンバーでも、2~3回当てれば沈めてくれる。そんなこんなで、第一ゲージは誤出撃を一回してしまったものの、他はストレート。現在第二ゲージ攻略中。

| | コメント (0)

艦これ 後段作戦が始まったというのに

なんか身の回りの雑事が多くて、全然秋イベントを始められない。間に合うんかなあ、これ。これから年末だから、それはそれでやらなきゃいけないことが増えてくるし。だから、こんな時期に秋イベントなんてやっちゃあダメなんだってば。そういえば、最近の運営電文で秋イベントといういい回しをしなくなったような。最新期間限定海域とか、今季期間限定海域とかいっている。このままなし崩しに、実は秋イベントではなかった、とかになるとおもしろいんだけど。あ、いや、別におもしろくないか。
とにかく、一度ぐらい出撃してくか。さいわいE1、E2のあたりは易しいっていう話だし。案外やり始めたら。少しの空き時間でも進められるかもしれないし。

| | コメント (0)

ついにセローが

『ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売』(webCG)。
セローが国内向けの生産を終了。何となくそのうち乗るんだろうなあと思っていたモデルだけに残念。そのうち、とかいっているひとは他にもいそうな気がするけれど、そのうちなんていわれてもメーカーは儲からないからなあ。いたしかたなし、か。
昔、モンゴルのツーリングツアーに参加したことがあって、その時に現地で用意されていたのが、たしか台湾産のセローだった。ゴビ砂漠の道路は道路として作られたというよりも、クルマが通った後が自然に道になったような感じで、道が荒れるといつの間にか新しい道が増えているという野性的なものだった。あちこちにギャップというか大地の割れ目みたいなのがあって、避ける間もないことも多い。そういうところはアクセル開け開けで行かないと危ないとわかっているのに、つい戻してしまって背中からたたきつけられるような大転倒を喫したのだが、搭乗者がダウンしてしまったというのに、セローはまったくどうってこともなかった。搭乗者がなんとか回復して、そのままそのセローに乗ってツアーが終わるまで何の問題もなく走り続けた。
閑話休題。そんなわけで、きっと逆輸入車か外国産セローが入ってくるんじゃんないかと勝手に期待しておこう。

| | コメント (0)

風夏

2017年1月期のアニメの感想。五本目は「風夏」。
瀬尾公治が週刊少年マガジンで連載していた作品のアニメからしい。最近、ほとんどまんが雑誌を読むことはなくなったけれど、たまに床屋さんで読むことがあるので、何となく見覚えはあった。でも、バンドの話とはまったく気付いてなかった。しかし、こういう音楽系の話をアニメでやるのって、難しいよね。作中で持ち上げられていても、実際の音楽が流れちゃうと、視聴者側で良し悪しを判断できてしまう。あと、音楽にからめて三角関係を扱うと、どうしても「WHITE ALBUM」を連想しちゃうっていうのも難しいところ。実際にはプレイしていないからどんな話なのかは全く知らないんだけど。そんなことを思いつつ最後まで見て、あ、なんかあっさりとまとまっちゃったな。というのが感想。原作からするとどのくらいまでアニメ化されているのかは知らないけれど、実はこのあたりまでがプロローグで、もっとすごい展開が待っているのではないかと想像したりもした。

| | コメント (0)

セイレン

2017年1月期のアニメの感想。四本目は「セイレン」。 アマガミ系列な感じだからゲームが原作かなあと思っていたら、wikiによるとオリジナルアニメらしい。3人のヒロイン別にそれぞれのルートが4話ずつという構成もゲームっぽい。お話の内容的にはあまりピンとくるものがなかった。昔なら結構転がれたはずなんだけどなあ。いよいよ枯れてきたのかもしれない。お互いになんで惹かれるのかという描写があまりなかったというのもあるか。 一応3人とも同格のヒロインなんだろうけど、話の並びのせいか常木耀の印象が強くて、他のふたりは付け足しみたいにしか受け取れなかったのもあまりのめりこめなかった原因かも。別に同級生好きってわけでもないんだけどなあ。

| | コメント (0)

ラゲッジスペースについて考える

カタログやWebでクルマを選ぶときに困るのが、荷室の使い勝手がわかりづらいこと。写真だと広そう写しているからあてにならないし、寸法も書いてあったり書いてなかったりするので比較しづらい。結局ディーラーで実物を見てみないとどうしようもない。実はノートは見ずに買っちゃったから、意外と荷室が狭いなあということに買ってから気が付いた。
寸法の中でよくわからないのが、リットルなんかの容積表示。これ、あんまり実態を反映していないように思える。旅行なんかに行くときはもカバンの上にカバンを積むみたいなことはしない。そんなことをしたら、カバンの中身にアクセスしづらくなってしまう。移動中にリアゲート空けて荷物をごそごそ、ってわりとやるよね。うちだけってことはないと思うけど。まあ、ともかくそういうことを考慮して積み重ねないような荷物の載せ方をすると容積表示ってあんまり意味がない。床面積表示なんかがあればいいんだろうけど、そういうのはお目に罹ったことがない。荷室長あたりがなんとなく当てになるかなというところだが、これも書いてないのが多いんだよね。結局決め手は実物か。

| | コメント (0)

そういえばWindows7のサポートが終わるのだった

『「窓辺ななみ卒業キャンペーン ~Windows 7 から 10 へ~」がスタート』(AKIBA PC Hotline!)。
卒業ってなんだろうと思ったら、Windows7の延長サポート終了に合わせて、窓辺ななみがその役割を終えるという話だった。すっかり忘れていたけど、Windows7の販促キャラだったのか。たしかに、名前もそんな感じだし。MSKKもバージョンごとのキャラなんて作らずに、Windowsのキャラだけ作ってれば、そんな手間ないのにとか思ってしまったが、きっと、OSと同じで入れ替えることで存在感をアピールできるとか思ってるんだろうな。どうせ資金はたっぷりあるんだろうし。
それはともかくとして、Windows7のPCまだ1台稼働してるんだよな。どうしたもんかね。古いアプリとか古い情報が詰まっているので、できればそのまま使い続けたいんだけどなあ。昔のSSDだから容量カツカツでアップグレードも難しそうだし。最近PCいじらなくなったから、行動を起こすことそのものが億劫だったりもするし。むう。

| | コメント (0)

カメラって売れなくなったんだねえ

『2019年10月のカメラ・レンズ出荷実績が発表』(デジカメ Watch)。
この記事のグラフをどう見るかが最初わからなかったんだけど、よくよく見てみると、一番上の線が一昨年、真ん中が去年、一番下が今年の出荷実績らしい。要するに、毎年確実に下がっているというわけ。全盛期がどれ位かは知らないけど、この二年でこの落ち込み方はひどい。カメラに比べて交換レンズの出荷台数の下がり方がいくぶんましなのは、コアなカメラ好きが買い支えているような状況なんだろう。ライトユーザーはみんなスマホのカメラで十分っていうふうになっているのは、間違いないところ。観光地とかにいっても、スマホで写真撮っているひとばかりだもんな。たぶんこの状況がひっくり返るなんてことはないんだろうな。

| | コメント (0)

ライズをチラ見

愛知トヨタに行ってライズをチラ見してきた。時間がなかったので本当にちょっと見ただけなんだけど、パッと見の印象は悪くない。写真を見ると小っちゃいRAV4にしか見えないんだけど、実車見るとそれほど似ているようには思えない。サイズが変わると受ける印象もだいぶ違うんだなあと実感した。広いといわれている室内は、まあ、それなり。荷室の床の位置が高いので、奥行きの割には荷物が積めなさそう。アウトドアで使うんだったら、二名乗車+荷物なんだろうなあ。荷室の床を上げてみたら、スペアタイヤが入っていたのにはびっくりした。最近はSUV系でもパンク修理剤で済ませているの多いのに。これはこれでひとつの見識だわな。こういうところはわりと好き。

| | コメント (0)

艦これ E1の編成に悩む

2019秋イベント『進撃!第二次作戦「南方作戦」』が発動された。いつみどおり最初は様子見なんだけど、どうもE1の難易度が低いらしい。タイトルが『八駆見参!バリ島沖海戦』なので素直に八駆を出したいところなんだけど、全員それなりに育っていて強いから、難易度が低い海域に出すのはもったいなく思えてしまう。ルート固定でもなさそうだから、別の艦にするのが正解かなあと思うものの、史実ベースの編成でやっておきたいという気もする。となると、残るは八駆メンバーを拾い直して育ててから投入か。いやいや、それだとさすがに出遅れそうだし。ここは、運営の煽りとしか思えない海域タイトルに乗っかちゃってもいいかな。むー。悩む。

| | コメント (0)

«艦これ メンテ延長中