マット・ヒルツ250グリーン

『マット・ヒルツ250グリーン(MR/5MT)こんなの待ってた!』(webCG)。
こんなの作ってるんだ。こういうメーカーがいろいろ出てくるあたり、イギリスってのも侮れないなあとか思いつつ、読んでいくとエンジンはST250系だと書いてある。ST250って、まだあったんだっけ。とスズキのサイトを見てみたら、250ccクラスのオンロードバイクが軒並み生産中止になっていた。ST250系も生き残っていない。さみしいねえ。
こうなってくると、このマット・ヒルツ250グリーンも俄然貴重に思えてくる。まあ、ST250系は中古も潤沢にありそうだから、程度のいいの探して、軍用車風カスタムをしてしまえば、値段的にもそんなに変わらないような気がするけど。

| | コメント (0)

艦これ 春イベント2019 その10 E5丙掘りは不発

イベント期間最後の土日ということで、E5に行ってIowaかIntrepidを狙おうと出撃を繰り返していたのだが、不発っぽい。まだ明日も何回かは回ると思うけど、実質ここまでかなあ。クリア後、55周して、大破撤退1、A勝利4、S勝利50。主なドロップは松輪が4、あとは風雲ぐらいかなあ。風雲ってレア駆逐のはずなのに、このイベントでは4人も出た。改装すると熟練見張り員を持ってきてくれるから、サンマ漁に備えてというところなんだろうけど、もうある程度たまってるから、もういらないしなあ。松輪は近代化改修に使えるからいいけど。

| | コメント (0)

艦これ 69人目は日向改二

イベントもひと段落着いたし、マンスリーでも消化しとこうかなあ。と、『「水上打撃部隊」南方へ!』をやろうと編成を組んでいたら、日向改二がレベル99のまま放置してあったので、ケッコンカッコカリ。そういえば、今回のイベントで使ってなかったわ。
日向っていうと、世間的には「瑞雲」、「瑞雲」ばかりいっているイメージなんだけど、KONKON的には寡黙なクールビューティキャラなんじゃないかなあと思っていて、結構違和感があったのだけれど、何かいつのまにかゲーム内でも「瑞雲」キャラになってしまつて、どうしたことだと思っていた。当然改二になってもその方向性は変わらず、それどころかヘリコプターまで運用できるようになってしまった。普通に使う分には伊勢改二の下位互換みたいになっちゃってるし、この先どう生かせばいいんだろうかと悩ましい。やっぱり対潜を生かさないと、だな。

| | コメント (0)

灼熱の卓球娘

2016年10月期のアニメの感想。十三本目は「灼熱の卓球娘」。
最初、キララ系かな。それにしては、キャラデザがキャッチ―じゃないなあと思っていたら、ジャンプSQだった。それと知って、というわけじゃないけど、見続けるうちにだんだんスポーツ少女モノらしくなってきて、見入ってしまった。ストーリ展開としてはありきたりだなあと思わないでもないけど、スポ根モノ(?)の勘所を押さえた話づくりになっていて、安心して楽しめる。そのうちパッとしないなあと思っていたキャラデザもすっかり好きになってしまった。慣れたっていうだけでなく、チームとしての成長がキャラの表情に現れてきたせいかもしれん。
ちなみに一推しは、あがりちゃん。いやー、ひさしぶりにヒロインらしいヒロイン見たっていうか。まあ、登場人物は女の子ばかりなんだけどね。

| | コメント (0)

艦これ バーナーはこれから減るのだろうか

最近、よく減るようになったものといえば、鋼材と開発資材だけど、強力友軍を呼ぶのに高速建造材を使うようになったことで、これからはこれが減りやすくなりそう。今回は丙クリアと丙掘りだったので、それほど使わなかったけれど、甲クリアを狙うと大量になくなりそうな気がする。大型艦建造以外には使いみちがないから、それほど気にならないとはいうものの、鋼材と開発資材も全然減らなかったことを思うとあんまり油断するのはよくないかもしれない。とはいえ、2,963もあるしなあ。まあ、減ってから考えればいいか。

| | コメント (0)

フィアット500Xクロス

『フィアット500Xクロス(FF/6AT)細かいことはいいんだよ』(webCG)
マイナーチェンジされたフィアット500Xのレビュー記事である。『細かいことはいいんだよ』っていうタイトルの割には、記事では細かいことばかりいっているような気がするが、まあいいか。そこを指摘したら、それこそ『細かいことはいいんだよ』っていわれそうだし。
ところで、記事中にあるように本国イタリアでは、このフィアット500Xが大人気らしい。イタリアってヨーロッパの中でも道が狭そうなイメージがあるのに、このサイズのクルマが売れてるってことは、ちゃんと道路も整備されているのかなあと思ったり。いや、あの国の財政事情でそんなはずはないか。どこ、走ってるんだろうね、これ。山奥に入るにはパンダ4x4のほうがよさそうだし。やっぱり、街中なんかね。道が狭いっていうイメージそのものが間違っているのなら、それまでだけど。

| | コメント (0)

艦これ 68人目は天城改

E3でТашкентを掘っているときにレベル99になったので、ケッコンカッコカリ。
まあ、Grafと同じで、験担ぎのために入れていたので、予定どおりといったところなんだけど。天城は艦これ始めて最初のイベントの最終海域の報酬だったはず。この時は最終海域まで行けずに、次にドロップするイベントで満を持して甲掘り敢行。なんとか、掘り当てられて感激した覚えがある。そのあとどこかのイベントでふたりめも手に入れたのだけど、その時のことはあんまり覚えていない。やっぱり、一隻目が掘りだったりすると印象に残るよねえ。とかいいつつ、レベル98で止めていたわけだけど、今回はТашкент掘りってことで、過去の掘り艦をつかえば呼び水になるんじゃないのかなあとか思って、GrafともどもE3にと投入。見事、Ташкентを掘り当ててくれた。レベル100を超えたというものの、どこで使おうかなあ、というのが悩みどころ。二期になってから、中型正規空母に合う海域ってあんまりないんだよね。演習で制空とってもらうか。

| | コメント (0)

テネレ700

『ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)うるわしの最大公約数』(webCG)。
スーパーじゃないほうのテネレには乗っていたことがあるので、懐かしくなって真面目に読んでしまった。今はこれがミドルサイズなんだよなあ。最初のスーパーテネレ出た時はこんなでかいのどこで走らせるんだよと思ったものだったが、今のアドベンチャーツアラーって、1,200ccとかだもんなあ。
で、このテネレ700だけど、並列2気筒700ccと、初代スーパーテレネに近いスペックになっている。それでいて、装備重量204kgと比較的軽量。国内向けではどうなるかわからないけど、最高出力73ps(54kW)/9000rpmだから、結構速そう。KONKONの乗っていたXTZ660テレネは大きなカブというような特性だったけれど、今度のテレネ700はもっと速そうだ。ふだんはのんびり走って、気合が入ればちゃんと走るみたいなのなら、結構いいかも。

| | コメント (0)

艦これ 67人目はIowa改

E-5攻略中にIowa改がレベル99になったので、ケッコンカッコカリ。
とにかく強い高速戦艦なので起用する場面は多いものの、高速戦艦そのものは大勢いるから、Iowaじゃなくてもなんとかなるかなあというところは使わないことも多い。甲難度の海域でしか使わないものだから、ずっとレベル98で足踏みしていた。今回もイベント最深部とはいえ丙なので使うまでもないかと思ったが、せっかくのアメリカ艦特効があるので、編成に組み入れた。結果としてはあまり活躍できなかったけれど、友軍救援っていうイベントだから、それはそれでいいか。
ケッコンカッコカリしたからには燃費も多少改善するから、今までよりは出番が多くなるんじゃないかと思う。これからもよろしく、といったところ。

| | コメント (0)

艦これ 春イベント2019 その9 Ташкент一年半遅れの着任

E-3掘り二日目でТашкентが来てくれた。クリア後、14周目のことである。今回のイベントは、E-3でТашкент掘りをするために、E-3を丙に落としてクリアし、その流れで最後まで丙でやっちゃっているから、甲勲章と引き換えにТашкентを手に入れたといえなくもない。一年半前に獲り損ねて以来、ようやくの着任である。
E-3掘りの戦績は、大破撤退2、A勝利1、S勝利11。クリア時の編成からは、旗艦神威改母に艦隊司令部施設を持たせた分、制空値を下げて艦爆を積むように変更した。空襲マスの被害は護衛退避でやり過ごして、Jマスの通過率を上げようという作戦である。2回の大破撤退は、旗艦が大破を食らって、目論見が外れた形。別に神威旗艦じゃなくてもよかったのかも。
Ташкент以外の主なドロップは、大東、Гангут、福江。11回S勝利としては結構いいんじゃないかな。

| | コメント (0)

«艦これ 春イベント2019 その8 Fletcherお迎え