艦これ 五周年任務 壱、弐

五周年任務のひとつめは簡単な廃棄任務だったので、すぐにできたのだけれど、問題はふたつめ。1-1から1-4を1回ずつS勝利、1-5を1回A勝利以上、ってのが達成条件。問題は、どの海域もルート固定できないこと。1-5は普通ならルート固定できるけれど、編成にしばりがあって、固定条件を満たせない。というわけで、何回でボスに到達するか、っていう運試しみたいな任務である。そして案の定、1-3で11周させられてしまった。ここ、ランダムっていうけど、かなりボスに行かない側の方に振れるよねえ。1-3がらみの任務はホント嫌い。1-5は逸れた先がお仕置き部屋なので、戦々恐々としていたが、運よく1回でクリア。まずはみっつめの任務の必要条件である未改修の海防艦をゲット。みつつめの任務は、駆逐艦をたくさん拾わないといけないから、今日はやめ。明日以降のデイリー消化中になんとかできると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 34人目は瑞鳳

瑞鳳改二乙がレベル99に達したので、流れるようにケッコンカッコカリ。
瑞鳳といえば、むらさきゆきやの艦これ小説「瑞の海、鳳の空」のメインヒロイン。あれを読み始めた頃は、まだ瑞鳳は着任していなかった。その時の感想によると、長門も加賀も着任していなかったらしい。初イベントの後で読み始めているから、どんな陣容で戦ったのか気になるところ。それはともかく、持っていない艦娘に小説で初めて触れるという体験をしたわけだが、その時点ではメインヒロインの瑞鳳よりも、秘書艦やってる加賀さんに惹かれてしまって、今もその状態が続いているわけだけど、ゲーム上では加賀さんはあまり実働していることはなくなってしまった。瑞鳳はというと、改二実装以後の働きが目覚ましく、あれよあれよという間にレベル99になってしまった。ただでさえ強かったのに、ケッコンカッコカリでさらに強くなるのか。頼りにしてるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 陽炎改二も来たのか

予定どおりメンテ終了は遅れたけど、40分なら上出来やね。デイリー任務こなすのに手間取っちゃって、まだメンテの内容をちゃんと見ていないけど、浦風丁改に加えて、陽炎改二も同時実装されたらしい。Samuel B.Robertsは任務報酬ってことなんだけど、ちょっと面倒くさそうなんで、ゴールデンウィークにでもぼちぼちやるつもり。浦風、陽炎ともに即改造可能なレベルだけど、その後の近代化改修のエサがないなあ。こっちも、ぼちぼちやっていきますか。
あと、気になるのはサーバー転属願い。とりたてて、ランカー狙っているわけじゃないけど、なんとなくリアルの住所に近いところがいいなあと。南方だと、聖地巡礼なんてできないからねえ。出すだけ出してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 明日のメンテ

明日は艦これのメンテナンスがある。五周年記念日ってことだけど、ずいぶん出遅れた感もあったKONKONも今となっては、古参の部類になっちゃうのか~。あんまりわかってないままだけどな。それはともかく、明日のメンテは14:30~20:30の予定。いつもどおり後ろはどうなるかわかったもんじゃないけど、前が遅くなるのはありがたい。少しでもデイリー任務進めておいて、メンテ明けが遅くなってもなんとかできるようにしておかなきゃ。
明日のメンテでは浦風丁改とかサミュエル・B・ロバーツ実装っていわれている。浦風はいいとして、サミュエル・B・ロバーツの実装方法が気になるところ。通常海域のドロップか、任務報酬か。その次のメンテでは、通常海域の収集系イベントがあるそうだから、それを踏まえて通常海域のドロップになるんじゃないかと勝手に予想。でも、実はサミュエル・B・ロバーツって、全然知らないんだよね。何か史実に基づいた実装方法とかもあるんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 舟伏山(1,040m)

20180421a舟伏山にイワザクラを見に行った。ここは三年前に行ってみたはいいが、イワザクラが咲いている側の登山道が閉鎖されていて、逆側のルートから頂上まで登ってすごすごと帰ってきた。今回はそのリベンジといったところ。閉鎖されていた東回りの登山道は、地滑りでも起こしたかのようになっていて、倒木が散乱した斜面に細い登山道が通っているだけ。斜度も結構きついので滑落しないように慎重に登っていく。
20180421b途中から林に入り、そこから先はわりと普通の登山道。今日は暑い日だったが木陰に入って風が吹くとちょうどいいぐらいの涼しさになる。桜峠、みのわ平と登っていくと、水たまりと呼ばれるなんだかわからないところがあったので少しわき道に入って覗いてみたが、やっぱりよくわからない。露岩があるのでイワザクラでも咲いているのかなあと思ったのだが、そうでもないらしい。登山道に戻ってそこから少し登ったところの露岩にイワザクラを発見。時季的には少し遅かったようで萎れかかっている。まあ。でも見られたからよしとしよう。三年ぶりのリベンジ達成である。あとは、頂上まで登って昼食。お昼前だっので空いていたが、食べている間にどんどんひとが増える。とはいえ、この山の頂上部は広いからどうってことはないんだけどね。
20180421c帰りは小舟伏山経由で西ルートを下る。山頂部にはところどころに咲き残りのカタクリも見られる。少し下るとフデリンドウが多いエリアがある。さらに下ると植林された林になって、沢まで単調な下りが続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ おにぎり改修考

おにぎり改修はネジがもらえるってのは、たしかにそうだけど、それやると装備改修が一日遅れるだけだよなあと思っていて、うっかり改修任務を受け忘れていたときに、ネジをもらうためにやっておくとか、何か考えるの面倒、ってときに改修任務片付けるときにやるとか、そんな感じだった。でも、よくよく考えてみるとネジをもらう日と、改修の日を変えるっていう使い方もできるんだよなあ。タイムシフトってヤツ。ごく単純化してしまえば、一週間のうちに七回装備改修するとして、月曜日に七回まとめてやって、火曜から日曜はおにぎり改修だけ、というようなことができる。任務でもらえるネジは七本というのは変わらず、好きな曜日に装備改修ができるというわけだ。改修できる装備は曜日によって差があるから、改修したい装備が決まっているときなんかは便利なはず。おにぎり改修自体に意味を見出してしまうと、成り立たない考え方だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロハ座長「Only Sense Online 6 ―オンリーセンス・オンライン―」

今回は限定クエスト「妖精郷を救え」の攻略話。主人公が生産職ってこともあって、あまり活躍しない。主人公のキャラとストーリがミスマッチしてる感が強い。この先もこんな感じだったら、盛り上がらないままだらだらと続くっていうパターンに陥りそうだなあ。どうするんだろ、これ。前半に生産職っぽい話も出てきているが、これはどっちかというとエミリを出すために話を作っただけで、その後の展開に結びついているわけではないし。主人公も別に活躍したいわけでもなさそうだから、それを求めてるわけではないけど、それならそれで話の作り方ってのがあるんじゃないかなあ。こういう戦闘系クエストメインのお話は、ちょっと無理があるんじゃないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スライドドア

だいぶ母も高齢になってクルマに乗るのにも手間取るようになった。特に危ないのが、乗り降りにドアにぶら下がるような力の入れ方をすること。グラブレールにつかまりなさいといっても、聞きやしない。これはもう、ぶら下がれないようなドアのクルマにするしか。ってわけなんだけど、まさかガルウィングにするわけにもいかないし、スライドドアでいろいろ探してみた。サイズ感だと、フリードプラスあたりが一番いいなあと思うものの、いまひとつ買おうという気にさせるものがない。ルノーカングーもいいけれど、あっちはスライドドアが電動じゃないんだよなあ。年寄りに扱わせるには電動の方がいいし。ちなみに四輪ディスクブレーキ同士でくらべると、カングーのDCTモデルは2,599,000円。フリードはハイブリットじゃないとリアがディスクにならないので、HYBRID Bあたりが競合する。こいつの値段が、2,276,000円。どうせフリード買うならHonda SENSING付けたいし、とかいいだすと2,51,6000円。、結構近いんだよなあ。電動スライドドアだったら、カングー買っちゃうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電話のアイコン

電話が鳴ると受話器を取る、という動作が身についているせいか、スマホが鳴ると受話器が置いてある方のアイコンをタッチしてしまう。もちろん、電話は切れる。何か知らんけど電話切られちゃった、と思われた方は、これが原因である。申し訳ない。たいていのひとは、こんなの間違えないんだろうなあとは思うが、電話が鳴っているときに、受話器が置いてある電話と外れている電話があったら、受話器が置いてある方を取る、ってのは決して間違った動作ではないはず。まあ、滅多に電話が鳴らないから、とっさに取れないってのが最大の理由なんだけどね。
それで思い出したんだけど、子供の頃はエレベーターのボタンの意味をよくわかっていなくって、エレベータの階数表示を見て、下にいるのを呼びたかったら、下向きのボタンを押してたなあ。これから向かう先は、その後で指示すればいいみたいに思ってたんかなあ。こういうところを見ると、昔からアイコンみたいなのは苦手だったのかもしれん。きっとこの先も見慣れないアイコン見るたびに、なにかしらやらかすんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房秀久「ノーブルウィッチーズ 6 第506統合戦闘航空団 疑心! 」

何かひさしぶりに読んだ気がする。那佳とハインリーケはわかるんだけど、他のメンバーがわからなくなってる。A部隊とB部隊とかいう大枠の話は覚えているから読むのにはあまり問題ないけど。それにしてもプチ守銭奴とお姫様ってのは記憶に残りやすいんだろうか。
今回は「ガリアの子ら」という洗脳された少女たちからなる部隊が登場する。彼女たちに襲撃された那佳を救うために、A部隊が王党派に下る。そして、監視役として「ガリアの子ら」が派遣される。監視役とか関係なく「ガリアの子ら」と交流を深めようとする那佳だったが、という話。ちなみに「ガリアの子ら」はウィッチたちよりも年少なのだが、こんな子たちになんてひどいことを、みたいな流れがまったくなかったのには、少し驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«甲鉄城のカバネリ