艦これ 大型艦建造月間おしまい

秋の大型艦建造月間も今日でおしまい。大鳳着任後は大和レシピを回し続けた。といっても、さすがに弾薬が尽きてしまったので毎日は回せずに合計23回。その22回目に武蔵着任。大鳳に62回かかったことを思えば、ラッキーだった。これで残る大型艦建造は大和だけになった。秋イベント後に回すことになるけど、さすがにひと月じゃ出ないだろうなあ。そもそも、イベント後に資源が余っていないと回せないし。
大鳳、武蔵以外では、まるゆ5、あきつ丸1と、わりと今回の大型艦建造は当たりだった。夏イベントで掘れたまるゆとその前からいるまるゆもいて、母港を圧迫し始めている。秋イベントが始まる前には改造して、だれかに食べさせないといけないなあ。撤退率は上がりそうだけど、オリョール旗艦で頑張ってみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月の購入予定物件

10月発売予定でそのうち買うつもりのもの。例によってネタもとは、まんが王倶楽部
1日、「ISUCA(8)」。7日、「サクラブリゲイド(6)」。22日、「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(10)」。25日、「結婚指輪物語(4)」。27日、「THE IDOLM@STER(6)」。28日、「ナナとカオル(18)」。
前はよくhontoで本を買っていたんだけど、ポイントの付け方がしぶくなってきたので、すっかり買わなくなった。で、たまりにリアル店舗にでも行くべえ、ってアニメイトにも行ってみるんだけど、これがびっくりするほど食指が動かないんだよねえ。以前は中身知らないのに表紙買い、ってのも結構多かったんだけどなあ。オンラインでばかり買い物していたせいで、嗅覚が鈍ったのかもしれん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Charlotte

2015年7月期のアニメの感想。五本目は「Charlotte 」。
身の回りの話ばかりやっていた前半はよかったけれど、話が大きくなってしまった終盤はいまいち。風呂敷を広げたまま畳めないってのも困るけれど、こういう畳み方はどうなんだろ。案としては、まあ、いいとしても、それをこのへっぽこ主人公ひとりにまかせちゃうってのが、どうにも信じられない。奈緒への告白する流れってのも、ちょっと唐突じゃないかなあ。意識してしまっているという描写はあるものの、ああいう状況で惚れちゃうもんなんだろうか。視聴者サイドとしては、奈緒は魅力的な思えるんだけど、あの手のキャラに対する慣れみたいなものがあるからそう思えるだけで、登場人物同士の感覚とはちょっと違うんじゃないかと思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートのPHEV

この前、エクストレイルを車検に出したんだけど、その時、日産プリンスの営業さんが、ノートのハイブリッド的な何かが出るけどどうですか、なんて話をしていった。エンジンで発電してモーターて走るっていっていたから、要するにPHEVなんだろうと思う。アウトランダーでは人気で、プリウスのはたぶん鳴かず飛ばす。ノートはどうなるかねえといった感じ。単純に車体価格に左右されちゃうんじゃないかと思うけれど、戦略的な値付けができるかどうかといえば大いに疑問なので、知る人ぞ知るっていうレベルに終わりそう。ちなみに、初回点検か何かの時の代車がリーフだったので、モーター駆動のクルマの気持ちよさは理解しているつもり。リーフでは電池残量がすぐに下がってくるのが怖かったけれど、その点、ノートのPHEV(?)なら安心だ。普通に考えれば、5ナンバーのまま出るだろうし、アクアはちょっと狭いなあ、でも、コンパクトな方が好きなんだよなあ、なんてひとなら手を出すかもしれない。何分、断片的な話を聞いただけなので、いろいろとあやふやなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 浦波が来た

昨日、愚痴ったばかりで何なんだが、我が鎮守府にも浦波が来てくれた。デイリーの南西諸島任務を2-4で消化しようとして、今日も全然ボス行かないなあとかやってたんだけど、夜遅くになってから急にボスに行くようになって、南西諸島任務達成のドロップでと浦波が来た。容姿から想像するよりも少年っぽい声でだったので、少し驚いた。最上の声よりもさらに少年らしさが増している。これはこれでいいかもしれん。
まずは、第十九駆逐隊の編成任務を終えたものの、次の出撃任務は第十九駆逐隊だけで、1-5か~。ルートも固定できないし、レベルも上げないと大破ばかり食らいそうだなあ。あんまり急がず気長にやるか。
さて、これで2-4からも解放されたし、残り4日間は大型艦建造月間の再開だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 浦波掘り進まず

この週末は浦波を掘ろうと思って、2-4にぽつぽつ行っているんだけど、出ないどころか、ボスマスに行かない。2-4はボスマス以外にも出るポイントがあるものの、そっちにいく確率も半分以下。半分以上は最初の分岐で北西に逸れてしまう。ちゃんとメモっしているわけじゃないから体感でしかないんだけど。あと、GマスとOマスの分岐が、それぞれHマスとPマスにしか行かない。Iマスなんていまだ白いままだから、2-4では一度も通ったことがないということになる。このあたり、ランダムっていわれているけど、実は何か法則があるんじゃないのかなあと思えてしまう。
運よくボスマスに向かう時は半分くらい大破撤退している。これは、鬼怒と二航戦のレベリングを兼ねているせいだっていうのがわかっているので、仕方がないかと思うものの、やっぱりもったいないなあ。ちなみにこの週末で、鬼怒のレベルは64から71に上がった。これでボス到達はわずか5回ほど。75ぐらいまで上げれば改二来ても大丈夫なんじゃないかと思うけれど、それまでに浦波が出てくれるかなあ。まったく、自信が持てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンスメロンを始末

プリンスメロンが枯れてしまった。三番生りが出来ていたのだが、これが熟すまでもたなかった。三番生りの実は少し硬くて甘みもあまり感じなかったが、今年最後のプリンスメロンということで、きちんと食べた。結局、ひと株で軽く十玉以上は食べられた。蔓がよく伸びるので専有面積が大きいのが難だけど、これだけ食べられれば文句もいえない。先に枯れて処分したスイカと共用の畝だったので、本来必要な広さはなかったはずだけど、スイカも食べられたし、まあ満足できたかな。プリンスメロンとスイカの跡地は苦土石灰を撒いて耕しておいた。時季的には次はイチゴを植えることになるのかな。あ、いや、ニンニクが先か。
今年は虫の害がひどく、家の前の桜並木も葉が食い尽くされてしまっているものが多い。たぶんそれと同じ虫が家にも侵入していて、柿の木なんかは実どころか葉もすべて落ちてしまった。さらに被害がひどいのが、皇帝ダリアで全部の株が上の方の葉を残して食われつくしている。そのうち三本は、茎ごと枯れてしまった。皇帝ダリアはこれで五年目くらいになるんだけど、こんなに被害を受けたのは初めてだ。地上部がここまでやられちゃうと、来年芽が出てくるのかも心配になってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

オリンパスから、いいとこ突いてきたなあというレンズが発表されている。フォーサーズで痛い目にあったし、粉飾決算で大損こかされているんで、マイクロフォーサーズに戻る気はまったくないんだけど、欲しくなるレンズがぽつぽつあるので困る。今度の ED 12-100mm F4.0 IS PROは焦点距離の設定がいい。35mm換算で24-200mmあれば、ほとんどの撮影シーンで間に合ってしまう。山に行くときに一本だけ、っていうときにはこのくらいのを選びたい。望遠側がもっと伸びるレンズもあるけれど、F5.6より暗いのがほとんどで、そのせいか合焦しずらいんだよね。それにその手のは防塵防滴じゃないし。つい先日、雨の月山に登ったときに、こういうフィールドで使うなら防塵防滴は必須だよなあと、しみじみと思ったばかりだから。ただ、これ、高いんだよね。現時点での価格.comの最安値が136,080円。う~ん、と悩んだ末、X-T1を買ってしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 月山(1,984m)

月山というか、出羽三山詣でなんだけど。
20160918aまず、鶴岡駅近くのエスモールからバスに乗って、羽黒山の随神門前で下車。ここから、石段を下って五重塔へ行き、今度は石段を出羽三山神社へと登る。この日は朝から小雨が降っていて、石段が滑りやすくなっている。特に下りは気を緩めると転んでしまいそうで危ない。出羽三山神社への登りは下りとは距離も高低差も段違いで、ペースを間違えると途中でバテそうな感じ。前日、深酒してたってのもあるけれど。出羽三山神社はその名のとおり、羽黒山、月山、湯殿山を祀っているところで、羽黒山単体の神社ってのはないんかねえと思ってしまう。参拝を済ませて、羽黒山山頂のバス乗り場からバスに乗る。月山八合目まではこのバスで登る。
20160918b月山八合目は相変わらず小雨が降っている。羽黒山では傘をさして歩いたが、こちらは歩行距離が長いので、おとなしく合羽を装着。弥陀ヶ原にある中ノ宮で参拝してから登る。中ノ宮から月山方面を望む方向には鳥居が立っていて、いよいよ神域に入るという気分にさせてくれる。晴れていれば月山が見えてもっと盛り上がれるんだけどなあ。まあ、天気のことは仕方がない。
20160918c_2小雨は降り続けているが風もなく、傘をさして歩けるくらい。九合目の仏性池に着いたあたりが一番天気が悪くて、風も強かった。しかし、ここを過ぎるとまたおだやかな小雨に戻った。ところどころ紅葉が見られるところもあって、まあ、これくらいの雨ならそんな悪くないんじゃないかなと思い始めた。
20160918d頂上あたりではついに雨が止んだ。月山神社に参拝を済ませてから、昼食。
今度は湯殿山に向かって下山。ここから先、天気が崩れ始める。また雨になり、時折風も出てきて少し寒い。湯殿山への道は、これまでよりも格段に歩きにくくなっている。といっても、普通の登山らしくなったっていうレベルなんだけどね。晴れていれば何でもないんだが、雨のせいで滑る滑る。何度も転びそうになりながら、時間をかけて湯殿山まで下りる。普通に登山口があるのかと思ったら、ちょうど湯殿山の参拝を受け付けしているところに出て、戸惑う。出羽三山詣でという目的からすれば、ありがたいんだけど、ひいこらいって山を下ってきたから気持ちの切り替えが、ね。ともかく、お祓いを受けて、湯殿山にも参拝。これにて、出羽三山詣で完遂。
20160918eあとは湯殿山の大鳥居まで車道を歩き、ここから出ているエスモール行きのバスに乗る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば電動バイクって

Car Watchのこの記事の最後のほうにあるC evolutionを見て、疑問に思ったんだけど、電動バイクって何で種類が変わるんだろ。原付とか、軽二輪とか。原付一種は怖いんでイヤなんだけど、原付二種とか軽二輪とかだったら、乗ってみたいなあという気もするんだよね。ほら、クルマがディーゼルだから、短距離移動するのにばかり使っているとDPF再生が必要になっちゃうから、あまり近所のお買い物なんかには使いたくないんだよね。かといって、自転車だとラゲッジスペースがないし。C evolutionは高価すぎるので候補にはできないけど、、原付二種とか軽二輪で何かいいものないんかねえ。さらっと探したところ、国産は原付一種ばかりみたいで、この先も期待できそうにないのが悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«肥前文俊「青雲を駆ける 1」