艦これ 春のミニイベ その4

2-4で福江をお迎え。ちょっとは期待していたけど、2-4は外れマスでも食材が出るから、って周回していたから思わぬ邂逅という感じだった。ちなみに、2-4のボス到達率はせいぜい2割程度ってとこ。比較的重めの艦隊になるし、被害もそこそこ出るから、こういう時でもないと出撃しない海域である。で、やっぱりボス行かないじゃないかよう、ってやさぐれていたところだったから、これでいくらかやる気が復活。ちなみに今日の19時から食材のドロップ率が上がっているらしいんだけど、あいかわらずお米ばかり出ている。おかしい。世間の評判と違う。
福江は演習でレベル10くらいまで上げて、すでに1-5で実戦投入。まだ、三式セットはできないけれど、四式水中聴音機ふたつ積んで、対潜先制で働いてもらっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本ですが?

2016年4月期のアニメの感想。十二本目は「坂本ですが?」。
原作の評判は気になっていたものの、そのまま読まずにずるずるいっていたらアニメ化されたといういつものパターン。評判どおりのバカらしい話で、こんなノリで何話も続けられるのかなあと思っていたら、ラストあたりではちょっとシリアスになってしまった。最後までバカらしい話でまとめてくれたらたいしたもんだったんだけどなあ。それにしても、最後の転校の理由は何なんだろう。実は、坂本は学校の座敷童みたいなオカルトがかった存在で、あちこちの学校に出没するとかだったら、何か納得できるんだけど。いや、だっていろいろ常人離れしすぎでしょ、坂本クン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 春のミニイベ その3

先週末からの食材ドロップ増がいったん終わったらしい。木曜夜から再開するということなんだけど、次はどこになるのかなあ。今回は南西諸島海域メインだったので、デイリー任務と兼ねやすかったが、その一方で無理に2-4に通って、全然ボスにたどりつけん、とかやっていた。今度は鎮守府海域だと資源にやさしいからうれしいんだけど、きっとそんなに甘くはないんだろうなあ。北方か西方海域になるのなら、ウィークリー任務を中断して止めておきたいんだけど、そんな情報、先に出してくれないよね。
現在の回収食材は、使ってしまったのも含めると、お米65、梅干6、海苔10、お茶10。割合としては、圧倒的にお米なんだけど、それにしたって全クリアできる数の半分に満たないという。他の食材はさらに足りていない。いつまでに集めればいいんですかね、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸戸史明「冴えない彼女の育てかた 13」

本編最終巻。おもしろかったには違いないが、シリーズ半ばくらいまでとくらべると、熱気が薄れたなあという印象。キャラクターでいえば、シリーズ当初から加藤推しでいたけれど、彼女の魅力が映えるのは英梨々と詩羽があってこそだったんだなあと認識してしまった。同人ソフト制作もこのふたりがいるほうが、競い合っている感が強くて、ハラハラできたし。あれにくらべると、この巻のマスターアップ間近の描写は、妙に安心して見られちゃうんだよなあ。キャラクターの魅力で引っ張ってきたお話が、ストーリのためにキャラクターのバランスをくずしたことで、索引力がなくなってしまったといったところか。個別ルートに入るまでは面白かったんだけどなあ、っていうゲームみたいな感想になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 春のミニイベ その2

週末の空いている時間があまりなくて、食材の回収が進まなかった。今手元にあるのが、お米29、梅干2、お茶8、海苔2。『主計科任務【おにぎりを作る!】』と『主計科任務【高級おにぎりを作る!】』は済ましたので、その分を加えても、お米40、梅干4、お茶8、海苔5。出撃数が少ないせいもあるけれど、なかなかたまらないものだなあ。ドロップ率がアップしているといわれている土日でこれだから、平日は期待できないだろうし、集めきるのは無理そう。やっていても、最初のうちはおもしろがっていたけれど、周回が重なるにつれて、完全に作業ゲーになってしまった。あんまり、力入れないで、デイリー、ウィークリーのついでに、ぐらいの気持ちでやったほうがよさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エクリプスクロスに乗ってみた

なんだか評判のいいエクリプスクロスに試乗してみた。
試乗車の色が黒だったせいか、イメージカラーの赤にくらべるとあまりゴテゴテした感じがなくて、そこは好印象。サイズも小さく見える。特に全幅は1,805mmとなっているが、見た目も乗った感じもそんなにあるように思えない。インテリアはそんなに突飛なところはないが、そこかしこに今風の意匠がみられて、仕上げも悪くない。シートは硬めで、腰より上のおさまりがいい。このあたりは体格によって感じ方が違いそうだけど。
走り出しは、あ、やっぱりCVTだって感じなんだけど、いったんスピードが乗った後の追い越し加速はスムーズで、回転が上がってから加速、みたいなイヤな動きはあまり見られなかった。パワーはあり余ってはいないものの必要十分。ボディはしっかりしているように思う。あ、試乗車はFFだったので、4WDだと感じ方が違うかもしれない。
素人が短時間乗っただけの感想は、こんなところ。ディーゼルとか、PHEVとかが追加されるという噂もあるから、もっとパワーが欲しかったら、それを待つという手もあるけど、いつ出るのかなんてわからないしなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 春のミニイベ その1

今週から食べ物収集のミニイベが始まっている。能書きとしてはこんな感じ。
「深海棲艦通商破壊部隊によって、我が後方補給兵站が急襲され、大切な兵站物資が強奪された!
特に主計科の補給倉庫が軒並み強襲されたことは、艦娘そして艦隊戦力の死活問題……
直ちに特務捜索艦隊を編成!強奪された補給物資回収にあたれ!」
というわけで、通常海域に出てお米、梅干、海苔、お茶を収集してきては、発生した任務にしたがって、おにぎり作ったり、和定食作ったりというイベントである。深海棲艦って、人間の食べ物食べるんだなあ。ああ、そういえばなんかのコラボで牛丼食ってるのもいたっけ。
任務を遂行するためにはたくさん材料を収集しないといけないので、はなっからあきらめ気味だったのだが、週末はドロップ海域が増えるってことで、少しやる気になってきた。いつまでやるかわからないので予定は立てにくいが、どうせバケツは余り気味だし、ちょっとばかし頑張ってみましょうかねえ。
ちなみに現在の収集数。お米11、梅干2、海苔0、お茶1。先は長いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 37人目はSaratoga

Saratoga MK.IIがレベル99になったので、何の迷いもなくケッコンカッコカリ。あまり嫁艦が増えるのもよくないと思ってレベル98で待機させていた艦娘のひとり。とはいえ、このところすっかり週刊ペースになっちゃってるから、自重する意味ないんじゃない。っていうノリで一気に、レベルアップした。といっても、本当にレベル99まで少ししか残してなかったから、あっという間だった。
Saratogaについていえば、まずは完全にキャラデザにやられたとしかいう他ない。いってしまえば、赤毛のヤンキー娘でしかないんだけどなあ。そういう属性はなかったはずなのに、作りがいいとそんなの関係なくなるね。その上、実戦に出せば文句なしの強さだし。かわいくて強い、ってのはこの手のゲームでは正義だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 不知火改二

不知火に改二が実装されることは知っていたけれど、レベル76だからまあ大丈夫だろうと放ってあった。昨日のメンテで実装されて、でも、メンテ明けが遅かったから一日置いて、今日、改二にしてみた。改装設計図要ではあるものの、そのまま改装できた。攻略Wikiで確認したら、レベル72からいけるらしい。性能的なことはとりあえずおいておくとして、キャラクターデザインとしてはかわいらしくなった。幼くなったようにも見える。身長も縮んだような錯覚を覚える。駆逐艦の改二は成長したような方向に変わるのが常だから、これには少し驚いた。や、悪くはないんだけどね。
それはそれとして、任務欄パッと見た限り、改二任務がなさそうなんだけど、ひょっとして春のミニイベにつぶされちゃったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さがら総「変態王子と笑わない猫。 12」

最終巻。とはいっても、実質的には11巻で話は終わっているので、まるまる一冊エピローグといったところ。ものすご~く単純にいってしまえば、記憶を保持しているがために、以前と同じようにしたいと思ってしまう筒隠を前に向かせる話。物語的というか人生論的には、それが正しいんだけど、月子ちゃんの気持ちもわかるから、単なるハッピーエンドじゃなくて、そこはかとなくビターな読後感もある。あの変態さんのお話が、こんなにじんわりとくるような終わり方をするとはねえ。最後まで読んでよかった。読後感はそうなんだけど、やっていることは本編と似たり寄ったりの変態さってのが何とも。猫神に建前を取られちゃったから変態化したっていう設定、どこへやった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«少年メイド