短距離通勤なら使えるか

『カワサキ、EVモデル「Ninja e-1」「Z e-1」2024年1月13日発売 第二種原付モデルで価格101万2000円から』(Car Watch)。
カワサキが原付二種のEVモデルを発売するらしい。価格は高いけど、自治体のEV補助金がある地域なら現実的な値段で手に入れることができそう。スペック見ていてこれはキツいなあと思ったのが、一充電走行距離が55kmってとこ。60km/h定値走行の値なので実際にはどのくらい走れるかとなるとかなり心許ない。職場が近くにあれば通勤に使えるかなあといったところ。寄り道したくなっても自粛せざるを得ないから、家と職場の往復専用になってしまう。バッテリがまた微妙で、持ち運びやすさの観点からふたつに分けたんだと思うけれど、ひとつの充電時間が3.7時間かかる。つまり、充電器をひとつで済ませようとしたらフル充電するためには、3.7時間経ったらつなぎ直さないといけない。家に帰って充電して翌朝使うというというサイクルを考えると、就寝時間帯に充電の切り替えをすることになる。これはキツい。もし、これを買うことになったら充電器はふたつ買わざるを得ない。逆にこれはと思ったのが、最大トルクが4.1kgf・mってとこ。これって400ccクラス並みなんだけど。市街地とかならすごく速そう。

| | コメント (0)

とある科学の超電磁砲T

2020年4月期のアニメの感想。四本目は「とある科学の超電磁砲T」。
とある科学の超電磁砲の3期。Sの次がTってことはThirdってことなんだろう。今回は大きくふたつのパートに分かれていて、前半は「大覇星祭」っていう体育祭みたいなイベント期間中に起こった事件と、「インディアンポーカー」と呼ばれるひとの夢をやりとりできるカードに端を発したストーリとからなっている。どちらにも共通していえるのが、サブキャラの動きがいいってこと。前半の黒子なんか食蜂に記憶を操作されているおかげで、ただの有能なジャッジメントになっちゃってて新鮮だった。婚后さんもなんかいいひとっぷりが板についてきてなんだかかわいらしく思えてきた。どうにも胡散臭いなあと感じていた食蜂もキャラに慣れてきたせいか普通に好きになってしまったし。黒子とか食蜂をサブキャラ扱いしていいかどうかはわからないけど。敵キャラやストーリーごとの裏主人公的なキャラも魅力的なのが多くて、楽しんで見られた。ただ、男キャラの扱いは雑だねえ。「超電磁砲」は女の子たちの物語っていう位置付けみたいだから仕方ないか。

| | コメント (0)

新型スイフト発表

『スズキ、新型「スイフト」は5ナンバーサイズキープ 価格は172万7000円から』(Car Watch)。
スイフトがモデルチェンジした。スズキのサイトを見るとスイフトスポーツは別建てになっているので、スイフトスポーツがどうなるのかは今のところ分からない。今回のモデルチェンジは「HEARTECT(ハーテクト)」を継続採用しているので基本的な骨格は変わっていない。エンジンが3気筒化されたのが大きな変更となる。先代の4気筒エンジンよりも最高出力が落ちているのがどのくらい影響しているのかが気になるところ。スタイリングはキープコンセプトを続けているものの、このモデルチェンジでの変化は大きめである。ボンネットの合わせ目がデザインに取り入れられていて、それがボディに水平ラインにつながっている。そのせいかキャビンが小さく見える。顔つきはややファニー目に振っていて、女性受けを狙っている気がする。女だからってかわいいものが好きかどうかはわからないけど。リアのドアハンドルが普通の形になったのがうれしい。Cピラー前のドアハンドルって使いにくくて嫌いなんだよね。ほかのポイントはADASの機能向上と電動パーキングブレーキの採用か。このあたりは気にするひとも多いから妥当な進化だろう。ライバルはヤリスってことになるだろうからなかなか大変そう。先代はヴィッツと競合したときにスポーツイメージが強いってのがあったけど、今回のモデルチェンジでヤリスと比較するとスイフトのほうがマイルドに思える。

| | コメント (2)

豊田有恒さんが亡くなった

SF作家の豊田有恒さんが亡くなった。SF好き以外にはSF作家というよりもアニメの脚本や監修をやっているひとというイメージのほうが強いかもしれない。それどころか韓国評論家みたいに思われている可能性もある。KONKONにとっては自分のお金で本を買いだした頃によく買っていた作家のひとりで、読む小説がSFばかりになった原因のかなりの部分を占める方である。といっても、すぐにいろいろな作家の作品に手を出すようになったから、読んだ著作は限られていて比較的初期の短編集と、ヴィンス・エベレットシリーズの一部、それとグインサーガを読み始めてから和風ヒロイックファンジーも読んでみたくなって手に取ったヤマトタケルシリーズぐらいかなあ。特に影響を受けたのは短編集のほうで、「タイム・ケンネル」や「パチャカマに落ちる陽」のあたりは何度も読み返した記憶がある。ライトノベルやWeb小説漁るにもギャグ要素が強い作品を探してしまうのは「タイム・ケンネル」の読書体験が尾を引いているんだろうなあ。
てな感じであなたに生み出されたSF者のひとりとして、ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

Windows7マシンが壊れた

ずっと調子が悪かったWindows7マシンがある。ひさしぶりに動かそうとしたらWindowsは立ち上がるものの、全然使えないレベルでしか動かない。もうこれはOSを再インストールするしかと思って、インストールディスクを探してきて再起動してみたら、インストールの画面が出る前にエラーが出て先に進めない。なんか致命的なトラブルが発生しているんだろうね。原因を究明するのも面倒なので、バラして処分してしまおうという気になってきた。ユーザーデータはほとんどバックアップしてあるし、この先Windows7が動かなくて困ることもそれほどないだろうし。ちなみにこのマシンはSandy Bridgeと呼ばれた世代のもの。組んだ本人も忘れてしまっているのでwikiを見てみたら、2011年発売のCPUみたいだ。買ったのはもう少し後だろうけど、10年の間同じCPUを使っていたなんてちょっと前なら考えられないよなあ。CPUは進化し続けているんだろうけど、使う側から見れば古くたって何とかなってしまう時期が長くなったということなんだろう。

| | コメント (0)

さすがにこれは高いのでは

『トヨタが「ランドクルーザー“70”」を発売 2015年以来8年ぶりの国内導入』(webCG)。
注目していたランクル70の再再販が決定した。気になるお値段は480万円。って、これ高くないか。ランクル70ってこんな価格帯のクルマだったっけ。前回の再販の価格を調べてみたら360万円なので、120万円の値上がりとなる。まったく同じ仕様ではないが、同じ名前のクルマとしては値上がりすぎのように思う。前回の再販は2014年のことなのでもう9年前になるのか。その頃のほかの国産車っていくらくらいだったんだろう。ということで、同一クラス同一車名のもので比較してみよう。パッと思いつくのはいろいろあるけれど、まったく同じモデルを作り続けているということでRVRを見てみよう。2010年の記事を見るとRVR Gの車両本体価格が244万9650円。現在のRVR Gの価格は269万8300円。こっちはこっちで10年以上たっているわりには意外なくらい上がっていない。主題から外れるけれど、RVRはオリジナルデザインのほうが格好いいなあ。話を戻して。どんな装備が付いているかとか細かいところは見ていないけれど、やっぱりランクル70は高くなりすぎてないか。

| | コメント (2)

2023年12月3日 継鹿尾山(273m)

Dscf2890紅葉狩りに寂光院に行ったついでに 継鹿尾山に登ってきた。記憶があやふやで断言できないんだけど、新入社員教育で寂光院に行って、半徹夜した後で登らされた山だと思う。今、調べてみたらその研修施設は老朽化のため解体されることになった由。時代の流れを感じてしまう。
寂光院の紅葉は盛りを過ぎた感じで本堂のあたりでは枯れ始めている。駐車場から千体観音堂(写真下)のあたりはまだきれい。千体観音堂から本堂までは320段の石段となっているが、全体に勾配もゆるめでそんなにきつくはない。しかし場所柄、お年寄りも多いからか、以前にはなかったスロープカーという小型のモノレールが設置されている。これに乗るには200円以上の志納が必要らしい。そのうちお世話になることもあるかもしれない。本堂から継鹿尾山までは30分とのことだったので、登ってみることにした。Dscf2894ここまでの石段の様子から考えればたいした道ではないだろうと思っていたのだが、意外なほど登山道っぽい登山道である。ウォーキングシューズではなくトレッキングシューズのほうが登りやすいんじゃないかな。

| | コメント (0)

艦これ 137人目は敷波改二

クォータリー任務の『「十九駆」演習!』をやっていたら敷波改二がレベル99になったのでケッコンカッコカリ。
レベル99前ギリギリで寸止めしてあると、定期的な演習任務がある艦娘はこういうことになるんだなあと思ったけれど、敷波は好きな部類だからまあいいかっていうノリである。実のところ敷波は改二のキャラデザがあまり好きではなくて止めていたという面もある。改まではちっょとすねたようなセリフと似合うかわいさがあったのになあ。敷波に限らずしばふ艦は改二になるとそれまでのキャラの良さを殺してしまうことがたびたびある。改二のキャラデザを評価しているひともいるけど、こればかりは好みの問題だからどうしようもない。
スペック的には改二としては平凡。運が高めなのが救いともいえるが、夜戦火力も高くないので運の高さを生かせるシチュエーションが少ないんだよなあ。とはいえせっかくのケッカリである。あまり高難易度の海域でなければ、活躍できる場も多い。ガンガン出撃してもらうこととしよう。

| | コメント (0)

艦これ 136人目は伊203改

南西デイリーをやっていたら伊203改がレベル99になったのでケッコンカッコカリ。
潜水艦はわりとケッコンカッコカリを躊躇してしまうのだが、伊203と伊201は何回か前のイベントで強い特効が付いていたので補強増設を空けて、運も少し上げてある。こうなるとレベル99手前で放置なんていうもったいないことをしていられないので、即ケッカリを決定した。キャラクターデザインや性格が伊201と区別がつきにくいので、二次創作イラストなんか見ているとどっちがどっちかわからなくなることが多い。ケッコンカッコカリしながら間違えるなんてと思わないでもないが、よく似てるから仕方ないよね。運用上は潜水空母ではなく普通の潜水艦のため、入渠時間が短くて済むので重宝していたのだが、この先、レベルが上がるにつれ入渠時間もかかるようになってしまうんだろうなあ。それでも、潜水空母よりははるかにましだから、出撃頻度は高くなりそう。イベントでは特効がつかなくても、潜水艦デコイが必要な海域があれば活躍してくれそう。デコイなんてしたくないと思われるだろうけど。

| | コメント (0)

艦これ 令和五年十月作戦の褒賞は

10月は三群ボーダーぎりぎりかもと思っていたので、ドキドキしながらログイン。無事、褒章が表示された。ひとつめは[改修水上戦闘機] 強風改二、ふたつめは[海外電子兵装] SG レーダー(後期型) ★+1。どちらも既に持っている装備だけど、数が増えればさらに便利になるのは間違いない。強風改二についていえば、しばらくの間改修が大変になりそう。★+6までしか改修する気にはなれないけど。その点、SG レーダー(後期型) は改修ができないから気が楽。
褒章とは別の話になるが、このタイミングで銀河(熟練)と銀河(江草隊)の戦闘行動半径が上方微修正されたらしい。確認したら、銀河(熟練)の行動半径が7に増えていた。銀河(江草隊)は持っていないのでよくわからないが8になっている。行動半径7だと64戦隊と揃うので運用しやすくなる。さらに『銀河(江草隊)の本実装も、間近!』ということで、以前アナウンスされたように『今後実装予定の新任務で獲得することも可能』ということであれば、節分任務ぐらいになるのかなあ。一時期、節分といえば銀河だったし。

| | コメント (0)

«艦これ 今年のXmas任務は4つ